生きた英語を勉強することで、日常の英会話が身に着く

I might hang around.
そのへんをブラブラしてますよ(たぶん)。

日本語から英語をつくろうとすると、

「ブラブラ」って英語でなんて言うの?
と、思考が止まってしまいますね。(笑)

英語をどんなに勉強してもネイティブにはなれません。

ネイティブになる方法はただ一つ、
「英語を使って生活する」これだけです。

勉強のレベルでは、触れる英語の量に限界があります。

ネイティブに比べれば圧倒的に少ないです。

普通に英語を勉強して、この hang around を覚える人は、そう多くないかもしれません。

じゃぁ、重要ではないのか?

私は、こんな表現こそ重要だと思います。

「単語を覚える」、「熟語を覚える」でなく、

日常動作の表現として、自分が「英語で話す」には必要だと思うからです。

それでは、どうやってこんな表現を覚えていくのでしょうか?

それには、生きた英語を見聞きすることです。

映画やドラマがとてもイイですね。

hang around も、映画やドラマで何度も耳にして、その状況を目で理解できますね。

だから、勉強中に目にしたとき、すっと頭に入ります。

自然にイメージがつかめるので、口からも出やすくなるわけですね。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪