英語は一つでも、日本語ではたくさんの意味、その逆もあり

昨日も今日もレッスンで話題にしたことです。

とっても当たり前のことですけど、笑わないで聞いてくださいね。

put on って動詞は、どんな意味ですか?

服を着る、帽子をかぶる、化粧をする、靴を履く、下着をつける、、、

そうですね、「何か身につける」ときに put on を使いますね。

それでは、「言う」って英語でなんていうでしょう。

talk、 tell、 say、 speak、その他にも mention、 state、、、

英語(日本語)では一つの動詞でも、日本語(英語)では、たくさんの言い方がある場合があります。

英語を学ぶときに、「日本語」で英語を学ぶから、こんなことが起こるわけです。

Huh~~(はぁ~~)ですね。
どういうことでしょう?

日本語だけで学ぶのでなく、「状況」や「動作」で学んでみたらどうでしょう。

put は「置く」、on は「場所」を表したり、「作動中OK」の感じだったり。

じゃぁ、場所が「人の体」や、「裸、素肌」から、「何かを装着」だったら「身につける」ってわけですね。

talk は、どんなときに使うのか?say は、tell は?

当たり前のことですが、意外とこのことが、英語を話すときの「ネック」になっている場合が多いんです。

日本語に囚われてしまうんですね。
このことを意識して、英語を話したり、文を作ると、ずいぶん楽になりますよ。

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪