英語を話すときは、適切な単語を使う、素早く反応する

あなたは、

ネイティブや、英語がうまい人が、英語をペラペラ話しているのを見て、
「何て言っているのかよくわからないけど、カッコイイなぁ」

と思ったことはありませんか?

実は、こういう人たちが話している英語の多くは、「基本の文」なんですね。

主語 → 動詞 → 目的語 : 前置詞 → 名詞

こんなシンプルな文をたくさん、スラスラと話しているわけです。

決して、一文、一文が、複雑で長い文を話しているわけではないんですね。

このことを知らないうちは、自分が英語を話そうとするとき、

「長い英語の文がかっこいい」と思って、短いシンプルな文を、嫌うことがあります。

短い文を、英語力の無さと勘違いしています

じっさいに英語を話すときに、大事なポイントは

・ 適切な単語を使う

・ 素早く反応する

この2つですね♪

斬れる言葉で、スパッと話す。

難しい内容を、易しい表現で、誰にでもわかるように話す。

こんな英語が最高なんですね!

基本文がしっかりしてくれば、

文の組み合わせや、
副詞や、形容詞で修飾したりして、

表現を豊かにしていくことも可能なわけですね。

最初に行うことは、

長い文を望むのでなく、

自分の言いたいことを表現できる、基本の文、基本の動詞をどんどんつかえる

レベルにしていくことですね♪

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪