英語を話すときに言ってはいけない

あなたは、こんな人を見たことがありませんか?

英会話スクールで、みんなで一所懸命、
でも、楽しく英語を話しているときに、、、

だれか話している人に向かって

「あっ、今の間違い!」

「それは違う!」

「それ、おかしい!」

だれかれ構わず、「ダメダメ」ばかり言って、

せっかく、がんばって話そうとしてる人を
萎縮(イシュク)させてしまう人。

いますよね。
だいたいこういう人って、
英語が上手なんですけど、、、

でも、おせっかい!!

あなたが、英語をまだ流暢に話せないなら、
大事なことは、
「英語を話す」ことに慣れることですよね。

話す前から「それは間違い!」と言われて、
「話そう」という気になるでしょうか???

間違いを恐れてよけいに話せなくなりますよね。

言われた人は恥ずかしくて
もう英語を話せなくなるかもしれません。

「英語の間違い」は

いずれ、その人が、英語が上手くなれば
自分自身で気づくものです。

英語を話すのが、あるレベルになるまでは

「たくさん話して慣れる」ことが必要なことです。

「たくさん間違いを指摘される」ことではありません。

さぁ、みんなで、どんどん英語を話してみましょう!

『英会話レッスン』のご案内

『英会話レッスン』のご案内です♪

【福岡西区 糸島 姪浜 英会話カフェ】ビーチを見ながら、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪