私の英会話レッスンは、一年を「前期・後期」に分けると、

前期:英語の基礎をじっくり身につける

後期:日常の出来事を英作文して話す、アドバイスする

を重点に行っていきます。

その間にも、「歌」や、「ニュース、トピック」、「パーティ」など、
さまざまな日常生活での話題を取り込んでいきます。

私は、ある意味、

英語は、「続けさえすれば誰でも話すことが出来る」

と思っています。

20、30、40、50、60、70代 の方々も、
時間はかかりますが、「英語の感覚」は確かに身に付いていきます。

だから、「英語が出来ない」ということは、唯一つ、

途中で「英語を止めてしまう」から

という理由だと確信しています。

でも、それは、「本人のせい」とばかりは言えません。

- 難しい内容、分かり難い教え方、

- つまらない繰り返し、興味が持てない題材

- 無駄に多い、「特殊ケース」「例外」の説明

- メリハリのない記述、頻度や重要度が分からない

- 結局、実際ではあまり役に立たない

私自身が、そんな勉強のやり方で
英語が出来なかったので、

「どうやったら楽しく、そして長く勉強を続けられるか?」

そればかりを、いつも考えています。

英語が出来ないのは、「勉強の仕方」、「使っている教材」
そして、「教え方」に問題があることが多いんですね

今年からメールレッスンも始めました。

狙うは「1年で話せるようになる!」

なんと、初心者でもいきなり「関係副詞」から学びます。

1年後が本当に楽しみです♪

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson