英語を話せるようになるために、学習をするときに、

まず、「何を話すか?」考えてみてください。

あなたは、これまで
中学校、高校、もしくはそれ以上に英語を勉強してきましたね。

しかし、それは主に

「英文の読み」の勉強が多かったでしょう。

それは英語の「インプット」になりますね。

しかし、

「英語を話す」という「アウトプット」については、

ほとんど学校ではやりませんでした。

学校では、いろいろな英語の文章を読めるように、

難しい単語や構文、文法などを学んできましたね。

大学の入学試験に使われる英語の文章などには、
非常に難解なものもあります。

しかし、あなたが英語を話すときは、

なにも、そのような学校で習ったような文章を話す必要は全くありません。

学校で学んだ英語は、書物のための英語です。「書き言葉」です。

そのような文では、話せませんね。

英語を話すには、「話し言葉」を使う必要があります。

英語を話すときに、一番大事なことは、

あなたの考えを相手に的確に伝えることですね。

いくら、たいそうな文や単語を使っても、

真に自分の言いたいことが相手に伝わらなければ
全く意味がありませんね。

話し言葉を学ぶ、

自分の言いたいことを的確に伝える単語、文を使う。

これが英語を話すときに最も大事なことになるんですね♪

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson