ネイティブと会話をするチャンスは、

1.ビジネスミーティングで

2.旅行先のお店で

3.友達のパーティで始めて会ったとき

など、いろいろありますね。

その中でも、「3.友達のパーティで始めて会ったとき」

初対面のネイティブと英語で会話をするとき、

「英語力とは無関係」に、

うまく話せる人と、
うまく話せない人に分かれる気がします。

英語のテストは良い、単語もたくさん知ってるのに話せない

テストも悪い、単語もたくさん知らない、でも話が盛り上がる

その差は、いったい何なのでしょうか?

もちろん、相手の話の内容に詳しいときは問題ありません。

例えば、ゴルフ好き同士、釣り好き同士、音楽好き同士、、、

単語や、名前をあげるだけで、盛り上がります。

でも、あなたが「詳しくない話題」なら、どうしますか???

相手の話題に詳しくないときも、

「 たくさんの質問を、相手にする 」んですね。

どこでやるんですか?

どんな道具を使うんですか?

いくらぐらいかかるんですか?

何年ぐらいやってるんですか?

質問するほどに、相手は「関心がある」と、喜んでお話してくれますね!

何でも、「質問する」くせがつくと、質問の仕方も上手になります。

しかし、「詳しくないから」と言って、黙っていると、
質問の仕方も、なかなか上手くなりませんね。

質問の英語は、「決まり文句」のようなフレーズも多いんです。

ぜひ、せっかくの「ネイティブと話せるチャンス」を、
黙ったまま過ごさないで下さいね♪

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson