思っていることを英語で言ってみようとしても
なかなか、上手く言えないことがありますね。

そんな時、文の主語を「I、You」から口にしてみると、
意外とすんなり文が出来てしまうことが多いです。

、、、なぜでしょう?

考えている日本語は別として、

英会話によく使う動詞の多くは「人が主語」ですね。

ですから、「人を主語」にして、文を始めてしまえば、
後は、英語の形どおりに単語を並べるだけで、文が出来てしまいます。

そして、無理に一文にまとめず「2文、3文」と複数の文で
言いたいことを表現すれば良いわけですね。

それでも、英語の特徴を知っていれば、一文でかなりの内容を
話すことが出来ますね。

We have dinner plans 主語 ⇒ 動詞 ⇒ 目的語
for his birthday 理由
next week 時間
near Ginza 場所

「プランしている」という文に、

「理由、時間、場所」の情報や「一緒の人や、使うもの」などは
前置詞を使うことで、簡単に説明を加えられますね。

さらに、時間や条件、理由などは、「文」を使って説明を加えることも
出来ますね。

Before :~の前に before I knew what was happening

After :~の後で after the video is over

Since :~からずっと since he has left the school

Until :~までずっと until you told me

When :~するとき when he comes home

While :~する間 while they slept

If :~するなら if you are tired

Because:~なので because I’m busy

結局、

簡単な動詞、場所・時間を表す前置詞、副詞、そして上記の接続詞だけ
でも、いろいろな日常の出来事を表現することが出来るんですね。

 

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson