英会話もそうなのですが、

普通、「英語を勉強する」というと、多くの人が「英語の本」を買います。

でも、実は、英会話に必要なのは、英語の知識だけではないんですね。

もう一つ大事なものが、

「話題」
なんですね。

可笑しいかもしれませんが、普段、口下手だったり、無口だったり、
相手が日本人でも、そんなに話が続かなかったり、、、

そんな人が、英会話だけ、ネイティブと話しが弾むなんて考えにくいですよね!

だから、ネイティブと話すときは、英語だけでなく
ネイティブの文化や生活のことなど、少しでも知識があると、

それは、大助かりなわけなんですね♪

例えば、会社、オフィスの様子でも、海外ドラマを見ていると、

会社がランチをご馳走してくれたり、
社内のドリンク、スナックが無料だったり、

たまに、ビール?も飲めたり、

フロアにジムがあって、エクササイズしていたり、
誕生日パーティをしてくれたり

日本とずいぶん違うところもありますね。

そんな時、

「そんなのは、変だ!日本にはないぞ!」なんて、
主張する必要はありませんね。

違って、結構♪

「相手の意見を受け入れる」

そんなところから、「話題、会話」が生まれると思います。

もし、あなたが「そんなの日本では、ない・しない」と
いちいち、断りをいれたら、せっかくの雰囲気に水をさしますよね。

大事なのは、

「文化、生活習慣」と「言葉」は、密接している
~~~~~~~~~~~~~~~~~

言葉の部分だけ、「日本語発想の英語」では、通じ難いんですね。
~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが、ネイティブと話をするとき、すぐ「ぎこちない」と感じるなら
ココを気をつけてみて下さいね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson