私は、レッスンでよく、

「英語の勉強と、英会話の勉強は違いますよ」

そんなことを言います。

特に、英会話の勉強で

「実際に話している英会話の文から学ぶ」

ことは大事ですね。

日本人は英語に対してはノンネイティブです。

そして、多くの人が、英語をまるで学問のようにとらえています。

⇒ このことが、実際英語を使うに当たって、
たくさんの問題を引き起こしています。

ここで、

あなた自身が日本語を話すときのことを考えてみましょう。

あなたは、日本語を話すとき、それをいちいち文法に当てはめて

「正しい?、間違い?」などと判断しているでしょうか?

そんなことはないですよね。

「みんなはそう言う?、そうは言わない?」

こういう判断をよくすると思います。

英語も全く同じなんですね。

ネイティブに英語の表現を質問すると、多くの人は、

「それは自然だ、、、 それはよく使う、、、

そういう言い方は聞いたことが無い、、、

みんなそうは言わないなぁ、、、」

などの反応が返ってくると思います。

あなたが、日本の英和辞書や文法書を振りかざして、

「そんなことはない」などとネイティブに叫んでも、、、

あなたの英語が、文法的にいくら正しくても、
伝わらなければ、意味がありませんよね。

だから、ネイティブが普段会話でどのような表現を使っているのか?

それを理解するのが、あなたの英語が通じるために
もっとも大事な事項の一つになるわけですね♪

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson