英語の勉強、習得も、他の習い事やスポーツと同様、個人差が大きいと私は思っています。

ただ、上達の過程は、だれでも、

基本から学び、それをドリルで慣れて、そして「目が開く」
「守 → 破(離)」

というステップを通ると思います。

「読んだら、聞いたら、その場ですべてが分かる」などという夢の様な話は普通にはないと思っています。

もしあなたが、英語の勉強にたくさん時間を割いているにもかかわらず、上達を感じられないとしたならば、
きっと、「基本から学ぶ」ところが、少しずれていて、「目が開く」状態に至ってないだけだと思います。

そうであれば、慌てて英語の勉強を始めるのではなく、
まずは落ち着いて、当たり前すぎるような基本の中から、

「何がずれていたのか?」それに気付くか?

それが、まず最初に行うことになるはずです。ある種、ヒラメキです。

英語も日本語も、言語であり、語学です。
それこそ、トップクラスの内容や、ネイティブレベルの感覚は、勉強などでは、習得することはほぼ不可能です。

「トップクラスの言語ができないとダメ」などと考えると失敗します。

おなじく、「何がトップクラスレベルなのか?」区別できないことも問題です。

日本人だからといって、日本語で小説を出版したり、哲学書を書いたりすることはできません。
芸人みたいな話もできませんし、別の世代特有の言い回しを、自由に操ることもできません。

トップクラスや、ネイティブレベルの言語、語学は、勉強なんかでなんとかなるものではありません。

だから、私はいつも、誰にでも同じメッセージを伝えています。それは、

「魅力ある内容を話して下さい。
それには、あなた自身が魅力ある人になって下さい」

言語の力を使って、内容を飾り立てようとしても、
いずれ、人はその本当の実力を見抜いてしまいます。

英語も同じです。

英語の本当の基本のところをしっかりと自信が持てれば、
あとは、自分のやりたいこと、伝えたいことに集中するだけです。

間違っても仕方がないのです。

英語の間違いは、単なる英語の間違いです。
あなたの伝えたいことが間違っているわけではありません。
あなた自身が間違っていることではありません。

しかし、あなたが英語を理由に弱気になってしまったら、それは、
自分の気持ちで自分の価値を下げてしまうことになりかねないのです。

英語の勉強は、あせって、いっときに長い時間をやっても効果が少ないことが多いです。

一日の中で、一週間の中で、一ヶ月の中で、
英語も含めた「自分の成長」のために時間をコントロールできるように、
時間配分や生活スタイルを変える努力をはじめて下さい。

規則正しい生活が、時間配分を上手にできるようになる、はじめの一歩です。

自分の時間を自分でコントロール出来るようになったとき、
人間は、さらに大きく生まれ変わり、そして人生をコントロールできるようになっていきます。

偉大な人は、概ね自分の時間をコントロールできています。
時間に追われるようなライフスタイルはやっていません。

いつの間にか変な話になってしまいましたが、毎日の私の英会話レッスンも、いつもこんな変な話ばかりです。
最期は、「どう生きるか」という話です。

それが、私が、生徒様が、
英語を学ぶことにわざわざ時間を費やす意義だと思っています。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson