【「美味しいけど、全部食べられそうにありません」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

レストランの英会話です。

食事はとても美味しかったですけど、全部食べられそうにありません。

(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: (全て)いかがですか?

B: 食事はとても美味しかったです。

でも、全部食べられそうにありません。

家にもちかえりたいんですけど。

(全部食べられそうにありません don’t think we can finish them all)

A: デザートのメニューをご覧になりますか?

B: 何がオススメですか?

(デザートのメニューをご覧に to see our dessert menu)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違っていても、全く気にすることはありませんよ。

A: How’s everything?
B: The meal was delicious.
But we don’t think we can finish them all.
We’d like to take them home.

delicious

「おいしい」という意味ですね。これ一つ知っておけば
だいたいOKだと思いますが、

他にも、食べ物、飲み物で美味しいを言いたい時は、

taste good、great

juicy:果物にも使いますが、お肉料理にも使えますね。
tender:(お肉など)柔らかい

refreshing:飲み物に使われますね。すっきりさわやか♪

他にも、tasty、yummy なども聞きますね。

take them home

ファーストフードのオーダーで紹介しましたが、

A: こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか?
B: 持ち帰りでお願いします。

A: Here or to go?
B: To go, please.

持ち帰りには、「to go」という表現もつかわれますね。

Can I get this to go, please?
これを持ち帰れますか?

持ち帰りの箱を、

“to-go boxes”

ということもありますね。

A: Would you like to see our dessert menu?
B: What would you recommend?

dessert

デザートは日本語にもなっていますね。
日本語になっている単語は、一度「発音」を
チェックすることをオススメしますよ。

似た発音に、

dessert(デザート) ⇔ desert(砂漠)

dessert は、di(ディ)で後半にアクセント
desert は、de(デ)で前半にアクセント

になりますね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson