【「油がとっても大事でしょ、食べ物を揚げる時は」時の英語表現 】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

食事の英会話です。

てんぷらを食べたいのですが、スーパーで買って、、、

(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: てんぷらが食べたいなぁ。

スーパーで買って良い?

(食べたいなぁ want to eat)

B: それは、良い考えとは思わないわ。

油がとっても大事でしょ、食べ物を揚げる時は。

私が作ってあげるわ。

(良い考えとは思わないわ don’t think that’s a good idea)

A: でも、スーパーに行って買っちゃうのが簡単だと思うけどなぁ。

(簡単だと思うけど I think it’s just easier)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違っていても、全く気にすることはありませんよ。

A: I want to eat tempura.
Can I buy them at the supermarket?

I want to eat

want は、カジュアルな言い方で「欲しい」ですね。

I want a new car.
くるまが欲しい

友だちなど、知り合い同士で気軽につかいます。

知らない人に話すなら、フォーマルな

I’d like red wine.
赤ワインを下さい

‘d(would) like をつかいますね。

自分の動作や、人にしてもらいたいことにもつかいますね。

I’d like / want + 目的語
下さい / 欲しい

I want red wine.

I’d like red wine.

赤ワインを 欲しい / 下さい

I’d like / want + to不定詞
下さい / 欲しい

I want to see her.

I’d like to see her.

彼女に会いたい / です

I’d like / want 人 + to不定詞
下さい / 欲しい

to不定詞の主語が、「人」になりますね。

I want you to see her.

I’d like you to see her.

あなたに彼女と会ってもらいたい / 下さい

B: I don’t think that’s a good idea.
Oil is very important when you are frying food.
I’ll cook for you.

good idea

日本語で使う「アイディア」は、「発想、ひらめき」など、
問題解決の良い考え、みたいな感じですね。

英語での idea は、「良い考え、ひらめき」だけでなく
単純な「考え、意見」などでも使いますね。

He has some strange ideas.
奇妙な考え、意見を持っている

I have the same idea.
私も同じ考え、意見です

また、不加算では、「知識、心当たり」という感じもありますね。

Do you have any idea (of, on, about,) 〜?
〜ついて知りませんか?

I have no idea …
知りません、分かりません。

frying

料理で、「フライ」は、日本語になっていますね。
てんぷらみたいに揚げたりするときは、
deep-fry と言ったりもしますね。

fry :(フライパンで)炒める
I fried some beef. 「私は牛肉を炒めた」

deep-fry : 揚げる
I deep-fried some shrimp. 「私はエビを揚げた」
       deep-fried shrimp = エビの天ぷら

その他にも、火を使う料理法では、以下の動詞を知っておくと便利ですね。

 bake :(オーブンで)焼く
    I baked cookies. 「私はクッキーを(オーブンで)焼いた」

 roast :(オーブンや直火で肉などを)焼く
    I roasted a chicken. 「私はチキンを焼いた(ローストした)」

grill : 網焼きなど
I grilled some beef. 「私は牛肉を網焼きした」

A: But I think it’s just easier to go to the market and buy them.

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson