【「大丈夫です、、、もう十分だと思います」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

レストランの英会話です。

ウェイター、ウェイトレスと注文の会話をします。

(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: ご注文をお伺いしてよいでしょうか?

B: 今日のスペシャルは何ですか?
それには何が付いてきますか?

(それには何が付いてきますか? What comes with that?)

A: (全て)いかがですか?
何か他にお持ちしましょうか?

B: ワインをもう一杯頂きます。

(何か他にお持ちしましょう get you anything else)

B: 大丈夫です、、、もう十分だと思います、ありがとう。
もう(ほとんど)終わりです。

(もう十分 we’ve had enough)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違っていても、全く気にすることはありませんよ。

A: May I take your order?
B: What’s the special of the day?
What comes with that?

the special of the day

アメリカでの話ですが、多くの店で、メニューに
the special of the day がありました。

そして英語が苦手な頃、よくお世話になりました。
なぜかと言うと、「早い、安い、美味い」の3拍子ですからね!

日本で言うと「日替わり定食?」

A: How’s everything?
Can I get you anything else?
B: I’d like to have one more glass of wine.

How’s everything?

疑問詞 how は、いくつかの意味がありますが、

・ どれだけ : 程度

・ どうやって: 方法

の2つを覚えておくと、便利ですね。

「どれだけ : 程度」の例です。

How much is this? いくらですか?

How long do you stay? どれくらい滞在しますか?

調子、良さは「どれくらい?」も程度と考えて良いですね。
(絶好調 – 普通 – 悪い)

How are you? どうですか?

How is your business? どうですか?

「どうやって: 方法」の例です。

How do you make bread? どうやって

How do you go? どうやって行きますか?

Can I get you anything else?

else は、「他に」とか、「追加で」という意味で用いられますね。

他に、違う、:Ask somebody else.

追加で、 :Would you like anything else?

some, any, no と、相性がとても良いですね。

B: We’re fine…, I think we’ve had enough, thank you.
We’re almost done.

almost done

almost は、動詞を説明して、「もう少しでそうなる」様子を表せますね。

I almost broke it.
もう少しで壊すところだった

I almost missed it.
もう少しでやりそこなうところだった

Oh, I almost forgot.
あっ、忘れるところだった。

名詞を説明するのは形容詞、

most people :ほとんどの人

名詞以外を説明するのは副詞、

almost all people :ほとんど全ての人
almost every people :ほとんど毎々の人

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson