boy-447701_640

先生は、「後悔について考えていた」と言って

Morrie: I was thinking about regrets.

お父さんの亡くなった時の話をはじめました。

警察から電話を受け、身元確認に行った時、

Morrie: Come down to the morgue…
and identify him.

I looked at my father.
I didn’t even cry.

I’ve got tears for everything nowadays.
But I couldn’t cry for him.
I couldn’t forgive him.

Morrie: 死体安置所に降り、、、
確認をおこなった。

わしは父を見た。
わしは涙一つ流さなかった。

今じゃ、なんにでも涙が出るのに。
しかし、わしは父には泣けなかった。
わしは父を許せなかった。

英会話を長いこと教えていますが、
この、

「起きたこと、目の前のことを
淡々と描写することで
人物の深い感情、気持ちを表していく」

という英会話の特徴が苦手な方が多いと感じます。

必要なことを漏らさず言う、

不要なことは省く

英語は、日本語とは違った方法での細やかさがあります。

それは、ある種の想像力や思いやりに関係しています。

淡々、シンプルに見える英会話の文の中に、
感情を汲み取っていくことも訓練だと思います。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson