英会話レッスンを受けるときには、
いくつか「気をつける」ことがあります。

私は、よく生徒さんに

「あまりノートをとることに、熱中しないでください」

と言います。

どういう意味でしょうか?

英会話のレッスン中には、
「たくさんの例文」が出てきます。

でも、「せっかくだから、もったいないから」と言って、
どれもこれも、例文と、その日本語をノートに書いていると、

肝心の、

講師の説明を聞き逃したり、

例文を口にする練習時間が無くなったり、

してしまいます。

英会話例文と、その和訳は、本屋に行けば、千円くらいで
それこそ、たくさん手に入ります。

でも、

どうやって、
「その英文をあなたが作れるようになるか?」

について、「解説してある」、
そして、「あなたを進化させる」

そんな本は、「千円」では、手に入りません。

それこそが、
「高価な英会話レッスン」の本当の目的ですね。

だから、講師は、
一人一人の理解度に合った「内容」を与え、

『理解してもらい、練習してもらい、
力をつけさせていきます』

「例文と和訳の暗記」だけでは、
いつまでたっても英語を話せません。

「例文」から「英文の構造」を理解して、
その文を他の単語、意味に使いまわせるようになって

ついに、あなた自身、独力で
「英語を話せる」わけですね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson