突然ですが、「パレートの法則」って
聞いたことありますか?

経済において、全体の数値の大部分は、
全体を構成するうちの一部の要素が
生み出しているという説

参照 http://ja.wikipedia.org/wiki/パレートの法則

「80:20の法則」と呼ばれたりもしますね。

この言葉が使われるときは、

全体の8割のことが、
主要な2割のことで占められている

という感じですね。

例えば、

売上の8割は、
全商品の中の売れ筋2割だ。

売上の8割は、
全顧客の2割の人が買った売上だ。

などなど。

英会話の初心者が英語を学ぶときも、
この法則が大事かな?と思っています。

英語を学ぶとき、

単語や文法、表現などを一から十まで、
隅から隅まで学ぼう

とすると一生終わりません。

「主要な2割を学べば、全体の8割がカバーできる」

そんなレッスンを心がけています。

英語を学ぶのに一番大変なのが、初心者の時期です。

基本的なことを覚えるまでは、
なかなか英語自身を楽しめません。

一つ一つの知識がばらばらなので苦労するんですね。

ぜひ、闇雲に学習を進めるのでなく、

何が主要な2割か?

先生に尋ねたり、それを意識して学習して下さいね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson