英会話で、とても効果があるのは、

ネイティブが「会話でよく使うフレーズ」を
あなたも使うです。

逆に、ダメなのが、

言いたい「日本語を(英語に)直訳」して言う
です。

ネイティブが、
「こんなとき、こんな単語・フレーズを使う」を

あなたがそのまま使えば、
一発で通じますし、英語がうまいと感心されます。

でも、
日本語を英語に直訳しても、、、

さんざん「聞き返されます」し、
説明しても、挙句には、

「そんな風には言わない」
と、冷たい一言です。

先日、英語の会話で練習していた表現の中でも、
たとえば、

Guess what 「ちょっと聞いてよ、何だと思う」

What are you talking about? 「何、言ってんの?」

I’ll be fine. 「大丈夫よ」

Don’t worry about it. 「心配しないで」

I’m a big girl「もう大人よ」

I can handle it.「出来るわ、まかせといて」

in one piece.「無事に」

など、会話でよくつかわれる表現がたくさんでてきます。

その「つかうシーンやタイミング」を学んで、
口に出す練習をする。

それ以外の内容は、シンプルな英語で

誰が → どうする → (いつ、どこ、なんのため)

と、短く文をつなげていく。

言いたい「日本語を(英語に)直訳」するのを我慢して、
シンプルな文をたくさん話すほうが通じやすいですね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson