英語で話せるようになればなるほど、次は

「リスニングの重要性」を感じてきます。

自分でコントロールできる、「話す」ことより、
相手に依存してしまう「聞く」ことの方が、

英会話で、問題になる・困ることが
増えてくるわけですね。

ところが、リスニングのトレーニングは、
ある意味、とても大変です。

やっかいなのは、年齢的な影響もあることですね。
どうしても若い方が有利な点が多いです。

ですので、最初は無理をせず

楽しめる「リスニングのトレーニング法」
を探してくださいね。

そして、慣れてきて、リスニングに興味が出てきたら、
次は、地味ですが力がつく下記のトレーニングです。

1.文字を見ないで、音だけを聞く

2.一語一語、書き出す(もしくは、言う)

3.分からない部分を、繰り返し聞く・ゆっくり聞く

ここで重要なことは、

英語の「どの音」が苦手か?聞こえていないのか?

これを自覚することですね。

そして、この段階のトレーニングは、量よりも質、

「英語のどの音が苦手か?聞こえないか?」

を探して、聞こえるように「脳に覚えこませる」ことですね。

このとき、「そうは言ってない」と
音声に八つ当たりしてはいけません(笑)

あなたの脳は、「日本語の音」しか持っていません。
そこに、新しい「英語の音」を入れていく作業ですので、

音声を出来るだけ「マネ」て、あなたの声も使って
「新しい音」を脳に覚えさせてくださいね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson