生徒さんが、「海外旅行」に出かけます。

目的を持って、英会話を勉強する。

そして、学んだことを、すぐ実践してみる。

そんな繰り返しで、どんどん「英語が話せる」
ようになっていくんですね。

成長して行くのを見るのは、とても嬉しく、
そして、勇気ももらえます。

先日も、海外旅行から帰ってきたばかりの
生徒さんとレッスンでお会いしました。

その方は、ホテルに宿泊している間、
ホテルの方と仲良くなり、

毎日、気軽にお話を楽しめたそうです。

それまでは、外人と話す度に
「極度に緊張」して、
できるだけ、「外人を避けて」いたのに、

今回は、ホテルでも、レストランでも、
ショッピングでも
積極的に、英語で話してみたそうです。

一緒に旅行したご家族の方も
「今回は違う!」と、
認めてくれたそうです。(笑)

私も、同じ意見を持っていますが、

海外旅行で「英語がちょっと話せる」だけで、
これまでの旅行の
「何倍も、何十倍も、楽しめた!」わけで、

こんな楽しい旅行は、英語が話せなかったら、
「いくら払っても、出来ない」

と言ってました。

「英語はタダでも勉強できる」なんて、
自慢げな話も聞きますが、

私は、英会話スクールにも行きましたし、
教材や本も買いました。

「分かりやすい、効果がある」そして、
「早く英語が話せるようになる」なら、

お金を有効に使っても良いと思います。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson