あなたは、

知識はあるけど、、、

紙のテストなら、点数はいいけど、、、

じっくり時間をかけて読むならわかるけど、、、

「とっさに英語が口から出てこない!」

こんな悩みがありませんか?
この原因の一つは、「英語の慣れ」なんですね。

赤ちゃんや、子供は、
「知識や、読書」から言葉を学ぶことは苦手です。

それでも、「言葉を話せるようになる」理由は、

「膨大な量の言葉を聞く、
そして、まねる・繰り返す、慣れる」

ですね。

子供のように、おとなが学ぶことはできませんが、

「海外ドラマ」を見ると、

「膨大な量の言葉を聞く、
そして、繰り返す、慣れる」

ことはできます。

例えば、30分ドラマ一本なら、
どれくらいの量でしょうか?

実は、私がメルマガで紹介したドラマ、一本分は、

30分のドラマを文字で勉強して9ヶ月!

英文を読んだり、単語を調べたり、訳したりする方法は、
とても大切で、英語の実力も着きますが、

「量的な解決にはならない」わけなんですね。

文字からの勉強だけでは、

「とっさの時に、英語が口から出てくる」
そんな気持ちよさを味わうのはムズカシイです。

しかし、
ドラマでも、ただの「聞き流し」ではダメです。

あなたが、「興味ある題材」を選ぶ
あなたの、「英語レベルにあった題材」を選ぶ

ことが、重要ですね♪

英語には、その目的に応じて、必要な勉強があります。

英語のしくみ、構造を理解する『英文法』

会話や表現法を訓練する『英会話レッスン』

アウトプットするために必要な
膨大な量の『インプット』

どれも、それぞれ大事です。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson