あなたは英語を話す時は、
どうやって言うことを考えますか?

まず、何を話すか日本語で考えますよね。

そして、その日本語を英語に置き換えようとします。

でも、多くの日本人は、この過程で、

「あれ、この日本語って、
英語で何て言うんだろう???」

と分からなくなって、英語が話せなくなります。

私も海外に住む前は、
これが英語を話せない時のパターンでした。

でも、実は「日本語を英語に変換」して英語を話すより、
もっとかんたんに英語を話す方法があったのです。

海外に住んで、英会話の勉強を続けていくうちに、
そして英語をたくさん話していくうちに、
もっと違う方法で英語を話しはじめていったんですね。

それは、

「日本語」⇔「英語」という言葉を変換するのでなく、

話したい状況のイメージを強く思い出すようにしたんです。

そして、

そんな時、ネイティブはこんな英語を使っていたかな?

と思い出すようにしたんです。

例えば、こんな感じです。

レポートの締めが近づいてきているので、
今日は疲れていても、
もうちょっと進めておかないとなぁ、、、

なんて、気持ちのときに。

I have to get through this part
before I go to bed.
「寝る前に、このパートは終えておかないと」

終わる=finish

という、「日本語」⇔「英語」の変換でなく、
いつかドラマで見たシーンを思い出すんですね。

そして、

「あっ、get through ってこんなふうにも話せるんだ!」

と、思ったことを思い出すんですね。

こんなふうに、話したいときの状況から、
英語を浮かべてみるようになったら、

ずいぶん楽しく、そして活き活きと
英語を話せるようになりました。

あなたも、「日本語」⇔「英語」という
言葉を変換だけでなく、

シーンのイメージから、
英語を使ってみてはいかがですか?

じつは、この方法って、
とってもネイティブに通じやすいんですよ。

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン