「英語を話す、聞く」英会話に、文法は必要でしょうか?

目次

1.英会話に必要な英文法は、シンプルな2つの英語のルール

2.カンタンな英文法を使うと、英会話でもリスニングやスピーキングが上手くなる

1.英会話に必要な英文法は、シンプルな2つの英語のルール

「英語を話す、聞く」英会話に、文法は必要でしょうか?

ズバリ、「必要です!」

ただし、それは、学校で習った文法や、TOEIC、英検対策などテスト用の英文法ではありません。

英会話に必要な英文法、それは、とてもシンプルな英語のルールです。

大きくは2つ。

1つ目は、
SVOの単語の並び

これは、動詞の単語の前に、主語がある。動詞の単語の後ろに目的語がある。

この単語の並べ方が英語のルールです。

日本語と全く違うため、理解していない人も多いですし、学校の教師もうまく教えていません。

2つ目は、
キーワードと目的語(句、節)で修飾部を作る

前置詞も、準動詞も、従属接続詞、関係詞も、すべてこのルールです。

これも、学校ではうまく教えていません。

この2つのシンプルな英語のルールをもとに、英文法を確認していきます。

2.カンタンな英文法を使うと、英会話でもリスニングやスピーキングが上手くなる。

レッスンでは、生徒さんのレベルに応じて、
必要な英文法を紹介していきます。

確かに、「英文法」の話だけを抜き出すと、
生徒さんの表情には

「難しそう、困った」感じが見えます。

でも、例えば「聞き取り」練習では?

文法を理解することにより、

目的語の名詞や、前置詞など、

それまで聞き取りにくかった弱い音、つながった音に
注意が向くようになります。

英文の中で
「単語の音が変化する」ため聞き取れなかった音
を聞き取れることが増えます。

英語でストーリーを話すのは?

かんたんな基本の文法を使って英文を作るので、
それまでは、日本語を英語に訳した変な英文が、

「人」が⇒「~する」⇒「~を」
:いつ、どこ、なぜ、誰と、

と、会話でよく聞くような英文の形が増えていきます。
英文を作るスピードも早くなります♪

「英会話は慣れ」と言いますが、

そのレベルに必要な英文法をちょっと意識するだけで、
英文をカンタンに作れるようになっていくわけです。

何より、生徒さん自身が、

英文が作れてしまった自分に驚くので、
「英文法はすごい!」と実感しますね♪

まとめ

1.英会話に必要な英文法は、シンプルな2つの英語のルール

2.カンタンな英文法を使うことで、英会話のリスニングやスピーキングが上手くなる

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン