リスニングの題材にはいろいろありますね。

英会話の学習教材だけでなく、
テレビやラジオでの英語のニュース、
2ヶ国語の副音声などもありますね。

それから洋画やドラマも
生きたリスニング題材になります。

どの題材にも言えることですが、
気をつけてほしいことは、

「自分のリスニング力に合ったレベル、
内容で学習をするということです。」

闇雲に、なんでも「英語を聴き取ろう」
と意気込んでしまうと、

なかなか聞き取れないことが辛くなりますし、
次第に学習意欲が薄れてしまいます。

簡単に挫折しないようにするためには、
「聞き取れる楽しさ」を感じられるものを
聞くようにしましょう。

そのためには、5割から7割は聞き取れる
内容のものを題材に選ぶことがお薦めです。

リスニングでは、
音声のスピードにも注意しましょう。

スピード調整ができるなら、
リスニングのトレーニングに効果的です。

聞き取れないスピードなら、
スローで何を言っているか確認します。

そして、自分で言えるように、口に出します。

すると、発音の強弱や、イントネーションが
分かってきます。

スローで同じように発音できるようになったら、
聞き取れないスピードに戻してみましょう。

かなり聞こえるようになるはずです。

聞き取れるようになったら、
高速でリスニングするのもトレーニングになります。

聞き取れる内容を高速でトレーニングすると、
ノーマルのスピードがしっかり聞こえるようになります。

英語の音のどこを聞けばよいかを、
体で覚えてしまうイメージですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン