私のクラスでは、「歌」をよくやります。

英語の歌は、
たまに歌詞は難しいときもありますが、

「シンプルなフレーズでリスナーの胸に強く届く」

そんなパワーがありますので、
リアルな英語を感じるには、
とても良いレッスン教材だと思っています。

気付いたことですが、生徒さんで、
「リスニングが苦手」という方には、
ある共通の特徴があるんですね。

何だか分かりますか???
それは、

「 単語単位で聞こうとする 」ことです。

これは、フレーズの発声練習でも、
同じことが言えますね。

単語単位で、切れ切れに発音してしまうんですね。

学校での英語の学習では
読んだり書いたり、英語を文字でしか
触れなかったので仕方がありません。

でも、実際のフレーズでは、

・ 単語単体と、文の中では、
全く違った発音に聞こえたり、

・ 3語ぐらいが、くっついて話されたり、

・ 大事な言葉とそうでない言葉では、
音やスピードが極端に違ったり、

そんなことばかりです。

結局、英語で会話をしようとしたら、

このような「ネイティブが話す」
ように話したり、聞いたりできないと、

なかなか通じにくいことがあるわけなんですね。

せっかく、単語、文法を知っていても、
それを文字だけでなく、「 音 」として表せないと
うまく通じないわけですね。

英会話スクールでは、「英語の知識」だけでなく、
このような「ネイティブの会話の特徴に慣れる」
ことも大事なんですね。

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン