たとえば、単語をおぼえたり、
表現をおぼえたりするとき

「似たもの同士」を比較してみたり、

自分なりのイメージをかってに作ってみたり

そんな、思い思いの方法をためしてみます。

言葉は、理屈や、法則ではありません。
やっぱり、「慣れ」です。

自分だけの、独特な勉強法があっても良いのです。

英語を知りたいなら、辞書に詳しく解説してありますし、

中学、高校、大学と、専門の教師の方が教えてくれました。

でも、あなたが、今、独学で「英語を学ぶ」のは
なぜですか?

それは、
英語の専門家 ⇔ 自分が使いたい英語

この距離が離れすぎていたからだと思います。

どんなに正しい「英語解説」でも、

あなたが理解できないと意味がありません。
あなたが使いたい英語でないと意味がありません。

だから、

あなたが「これなら分かりやすい、これなら使える」

ということが、一番大事なんですね♪

私も、英語が話せないけど、海外勤務になって、
じっさい、全然英語が通じなくて、、、

そんななかで、独自の英語の理解をつづけてきました。

だから、「英語を話してみたいなぁ?」と言われると、
「なんとか、力になれないかなぁ!」と思うわけです。

結局、

英語がダメ ⇒ 苦労した
⇒ 光が見えた ⇒ 英語が分かった!

こんな経験が自分には大事だったんだなぁ、
と感じています。

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン