初心者におすすめ 福岡西区今宿 個人レッスン

「金持ちの親子が地下鉄を使ったら?」時の英語表現

ドラマの英語です。
前回は「両親と娘」でしたが、今回は別の「両親と息子」です。
大金持ちの家族ですが、今回、事情があって
サンフランシスコの地下鉄に乗ります。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(ホームで電車を待っている)
母親: 電車で行くなんて信じられないわ。
父親: いいよ、じゃぁ。雨の中に立って、タクシーが通り過ぎるのを見るよ。
少年: 楽しいなぁ。(電車にはあまり乗ったことが無い?)
母親: いいえ、違うのよ。
これは公共の乗り物よ。
何も触っちゃダメよ。どれも汚いんだからね。
父親: 知らない人をジロジロ見るなよ。
金をせびられるぞ。
(電車に乗り込む)
母親: お父様が何ておっしゃいましたこと?
ダメ、ダメ、ダメ。
母親: Gregory、ほんとにもう。こっちに来なさい。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
母親: I cannot believe we’re taking the train.
I cannot believe (that)
「信じられな~い」+文(内容)
を、言うときは、この言い方がとっても便利ですね。
「信じられない」ものを見たとき、聞いたときも
言いたくなりますね
目を疑った
I couldn’t believe my eyes. 私は(それを見た時)本当と思えなかった。
耳を疑った
I couldn’t believe my ears. 私は聞いた事が信じられなかった。
taking the train
take には、たくさんの意味がありますが、
「選ぶ」という意味を感じさせるものもたくさんありますね。
数ある行き方、交通手段から、どれで行くか選ぶ感じもしますね。
take a taxi タクシーで行く
take a bus バスで行く
take a train 電車で行く
take a plane 飛行機で行く
父親: Fine. We’ll stand in the rain and watch cabs go by.
Fine
How are you? I’m fine.
でおなじみの fine ですが、、、
このように、相手の受け答えで「Fine!」と言うことも
よくあります。
イントネーションにもよりますが、
「分かったよ!、結構!、大丈夫だよ!」
なんて、ちょっと喧嘩じみた言い方にも聞こえますね。
辞書では、こんな説明はあまり見ませんが、
会話では変わった使われ方も多いんですね。
watch cabs go by
こんな短い文ですが、ちょっと面白いです。
「編集後記」でご紹介します。
少年: This is fun.
地下鉄なんて、あまり乗ったことがないのでしょうか?
遊園地の乗り物気分のようです。
母親: No, it’s not.
It’s public transportation.
Don’t touch anything. Everything’s dirty.
どれも、短い文で、「ビシッ、ビシッ!」と言っています。
ネイティブの実際の会話では、こんなパターンも多いですね。
言いたいことが、強く伝わりますね。
でも、「 Everything’s dirty 」とは、、、
金持ちのおばさまのセリフらしいです。(笑)
public transportation
public は、「編集後記」でご紹介いたします。
父親: Don’t stare at strangers.
They’ll want money.
stare at strangers
stare は、「じろじろ見る」という感じですね。
見るには、いくつかの動詞がありますが、この stare は、
ドラマや映画でもよく聞かれます。
普通は、「じろじろ見る」ことは、良くない場合に、使われますね。
Don’t stare at me like that!
そんなにじろじろ見るな!
見る対象は、at、on、into などが良く使われますね。
「じろじろ見る、凝視する、じっと見つめる」そんな感じに
ぴったりの前置詞ですので、前置詞だけでも、「見方」が伝わりますね。
前置詞は、日本語訳で覚えるのでなく、
基本のイメージを捉えることが、英語の理解を助けますね。
こちらは図解の説明で分かりやすいですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
母親: What did your father just tell you?
Don’t, don’t, don’t.
母親: Gregory, really. Come here.
やっぱり、全部、短いですね!(笑)
母親は、地下鉄に乗るのが耐えられないらしく、
小声で「手短に」話しているのが、よく分かります。
英語の知識だけでなく、このように、「話し方」でも、
その人の性格や、状況もよく分かります。
こんな雰囲気は、やっぱり「テキスト」だけでは不十分ですので、
ドラマや、英会話教室で学びたいですね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話 ⇒ http://denaoshi.chot.biz/bob-toshi/
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
もう少し、セリフの英語で学習してみましょう。
public transportation 公共の乗り物
public は「公共」ですね。反対は、private 「私的」になりますね。
public 、private が付く言葉をあげてみましょう。
公的:
a public bath お風呂
a public toilet [lavatory]トイレ
a public telephone 電話
a public hall 公会堂
a public library 図書館
私的:
a private car 自家用車
a private beach 私有地の海岸
a private school 私立学校
公的:
public land 公有地
public housing 公営住宅
私的:
a private house (店舗・事務所などに対して)民家
a private room 私室, 個室
公的:
a public servant [official] 公務員
a public document 公文書
a public holiday 祝祭日
私的:
a private secretary 私設[個人]秘書.
a private detective 私立探偵
a private letter 親展書
参考:New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
こちらの文は、パッと聞いて分かりますか?
We’ll stand in the rain and watch cabs go by.
We’ll watch cabs go by
という文は、とっても短いですが第5文型ですね。
第5文型は、「後ろにも文のような内容がある」ところが
理解のポイントですね。
We’ll watch cabs タクシーを見る
cabs go by タクシーが通り過ぎる
という2つの内容になりますね。
watch は、知覚動詞と呼ばれるモノですが、
このように、「五感」に関する文では、
その対象(例えば見たもの)を、
「何を見た:(タクシー)」だけでなく、
「どんな風にしていた:(通り過ぎて行く)」と
その動作・様子までも「文の内容」で一緒に詳しく言えるわけですね♪
この文で、go は、原形不定詞になっているのも、
ちょっと分かりにくい理由ですね。
このように、知覚動詞を使った文は、日常生活、会話でとても
頻繁に使われますので、あなたも、ぜひ、キッチリ理解して
会話で使えるようになってくださいね。
もし、あなたが、第5文型、知覚動詞、原形不定詞について
よく分からないなら、こちらの解説がとってもオススメです。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

  • facebook

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP