初心者におすすめ 福岡西区今宿 個人レッスン

「知らない女性に声を掛けるとどうなる?」時の英語表現

ドラマの英語です。
サンフランシスコの地下鉄で出会った女性が忘れられません。
何か引かれるところがあって、、、
話しかけることが出来なかったことを後悔しています。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(前回、ご紹介の文です)
B: あの娘のことを考えるのを止められないんだ
B: 僕はばかだよ。(でも)彼女を追いかけて話しかければ良かった。
A: いや、やったらダメだったさ。なぜか教えてやろうか
(オフィスで同僚と話しています)
A: ついて行って、何か良いことを言って、例えば:
A:「僕を見ていただろう。僕が欲しいと分かるよ」
A: 次には、(ほら)
A: 床にころげまわっているさ、顔中にペッパースプレーを浴びてね
B: 話して良かったよ(苦笑)
A: いつでも。俺はお前のためにここにいるさ
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(前回、ご紹介の文です)
B: I can’t stop thinking about that girl.
B: I’m an idiot. I should’ve gone after her and talked to her.
A: No, you shouldn’t have. I’ll tell you why.
(オフィスで同僚と話しています)
A: You would’ve gone over, said something nice, like:
would’ve gone
前回は、should をご紹介しましたが、
この would も「仮定の話として」という意味を与えていますね。
そして、このままでは、「時制の過去」を表せませんので、
過去を表すために、後ろには、
have + 過去分詞
が来ますね。
「例えば~」という仮定としての話には、would は、よく使われますね。
like
言いたいことを相手に分からせるのに、とっても簡単で便利な方法が
「具体例をあげる」ですね。
for example や such as なども良いですし、
この like も便利ですね。
ドラマで「使うタイミングやイントネーション」を学んで下さいね。
A: “You were looking at me. I know you want me.”
I know ~
know は、知識などを知っているだけでなく、
「僕には分かるんだ」こんな感覚的なことにも使えますね。
「見て分かる、すぐに分かった」センス(sense)みたいですね。
「分かるよ」という意味で、know を使いこなせると、
あなたも、とってもネイティブっぽい感じの、英語が話せますよ♪
A: Next thing you know…
you know…
言いたいことが、すぐ口から出てこないときなどに、
使うと便利なフレーズですね。
相手に、自分の言いたいことを「想像させる」役割もありますね。
(でも、使いすぎは、ちょっとうるさいかも)
A: …you’re rolling around on the floor with a face full of pepper
spray.
この文は、ちょっと面白いので「編集後記」でご紹介いたします。
B: Good talking to you, Pete.
A: Anytime. I’m here for you, man.
同僚の Pete は、ちょっとおかしなことを言うので、
愛想笑いで、
Good talking to you
と言ってます。
でも、真に受けてる Pete は、役に立ったことに喜んで、
Anytime. いつでも(力になるよ)
I’m here for you, man.
と言ってます。
man は、特に意味はありませんが、こんな時の「呼びかけ」
になりますね。
実際の会話は、そんなに難しい単語は、あまり使われていませんね。
単語には、「書き言葉用」と「話し言葉用」のそれぞれに向いているものが
ありますので、そこを上手に使い分けないと、
「ニュースや、本が話している」
みたいに聞こえてしまいます。
会話の単語は、「やさしい」ですので、
話のテンポ、リズムに気をつけると、
あなたの英語も
ネイティブっぽく、自然に聞こえるようになりますよ!
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
you’re rolling around on the floor with a face full of pepper spray
文自体は、
You are rolling
ですが、それに付帯する情報が、とてもたくさんありますね。
このように、頭が小さく、
どんどん、おしりに情報が付いていくのも、英文では
よく見られますね。
あなたが、「英文の頭(主語、主部)がいつも大きい」なら、
ぜひ、副詞、前置詞を上手に使うと良いですよ。
それでは、文をばらしてみましょう。
roll around
roll は、「ころがる」です
around は副詞で転がり方を説明していますね。
ちょうど「ころげまわる」という感じですね。
around on と、何やら分かりにくいですが、、、でも、
on the floor
on は、ここでは場所を表す前置詞ですね。
roll around / on th floor というふうに
単語のブロックが見えると、英語は理解しやすくなりますね。
with a face
with は、「~と一緒に」という前置詞ですが、
本文では言い切れなかった情報を追加するのにとても便利ですね。
前置詞や、副詞は、英語を素早く読み解く鍵です。
基本のイメージを捉えることが、英語の理解を助けますね。
そして、ブロックで単語の固まりを捉えると、
英語が早く理解・話せますね。
a face full of pepper spray
full の例文をちょっとあげてみますと、
a full glass of water コップいっぱいの水
fill a glass full グラスいっぱいに入れる
Don’t speak with your mouth full
食べ物を口にいっぱいしたまま話すな
a glass full of water 水がいっぱい入ったグラス
full は、形容詞ですが、
説明する単語の後ろに置かれることもありますね。
このように、ネイティブが普段話す英語では、
前置詞、副詞、形容詞を上手につかいこなして、
表現力がとても豊かです。
あなたが、
「英語を上手く話せない」
日本語の表現に、和英辞書を使う
書き言葉の単語で話す
ことで、悩んでいるなら、
こんな「シンプル」で、「表現力が豊か」な英文の練習がオススメです。
そして、このような英文こそ、
基本的な文法、英文の構造、ブロックの理解が不可欠なんですね。
英文法が、とっても分かりやすく学べるのがこちらです。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、シンプルで表現力豊かな英語を話したいなら、
基本である、英文法をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

  • facebook

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP