初心者におすすめ 福岡西区今宿 個人レッスン

「女性は男性を連れてオルガンを聞きにどこへ?」時の英語表現

ドラマの英語です。
ちょっと不思議な女性ですが、「オルガン音楽を聞く」と言って
男性をどこかに連れて行きます。
さて、どこに行くんでしょうか?
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(前回:オフィスで女性と話しているところでしたね)
女性: オルガン音楽は好き?
男性: オルガン音楽?
(サンフランシスコの野球場で試合を見ています)
男性: 認めるよ。彼はうまいね(野球場でオルガンが流れる)
女性: でしょう。
女性: 彼が「the Mexican hat dance」するまで待ってね。ロックするよ。
男性: 君が野球ファンとは思ってもみなかったなぁ
女性: いいえ、私はファンじゃないよ。
ただ、オルガン音楽を聞いて叫ぶのが好きなの。
野球場では何でも叫べるの、、、
、、、そんで、(それが)ワケわかんなくてもね。
女性: 見てて。「さぁ来い、大男、コーヒーテーブルをアイダホに運べ!」
女性: やってみて。楽しいよ。
男性: いや、いいよ。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(前回:オフィスで女性と話しています)
女性: Do you like organ music?
男性: Organ music?
(サンフランシスコの野球場で試合を見ています)
男性: I gotta admit, he’s pretty good.
女性: I know.
なんと、オルガン音楽とは、野球場でした。アメリカのスポーツは、
地元を応援したりするときに、音楽が流れます。それが電子オルガン?
なんですね。
I gotta admit, he’s pretty good.
gotta、 pretty など
とても、会話でよく使われる言い方ですね。
admit
admit は、動詞で「認める」という意味もありますが、
「入ることを許可する」という「認める」意味もありますね。
ですので、名詞の admission は、
「入ることを許される」、入場料を払う場所や、
「入会」などに使われますね。
A: How much is the admission?
B: 6 dollars per person.
ところで、この野球場はサンフランシスコジャイアンツのホームです。
球場名は、
パシフィックベル・パーク ⇒ SBCパーク ⇒ AT&Tパーク
に変わっています。
場外ホームランは、海に落ちるので
「スプラッシュ・ヒット」と呼ばれるそうですよ。
女性: Wait until he does the Mexican hat dance. He rocks.
男性: I wouldn’t have pegged you a baseball fan.
He rocks
rock は、名詞では「岩」ですが、
動詞で「揺れる、揺らす」という意味があります。
ロッキングチェアは、この意味ですね。
I wouldn’t have pegged you a baseball fan
peg は、ここでは、「人を~と思う、判断する」という感じです。
They pegged him as an American.
彼をアメリカ人と思ってた。
wouldn’t have という表現が、「思おうともしなかった」
という感じを表していますね。
女性: No, I’m not. I just love to listen to organ music and scream.
You can scream anything at a baseball game…
… and it doesn’t even have to make sense?
I just love to listen to organ music and scream.
この感じは分かりますね。
試合がエキサイトしてくると、みんな叫んで応援します。
でも、
You can scream anything at a baseball game…(何でも叫べる)
これは、ちょっと良く分かりません。(笑)
確かに、うるさくて何言ってるかなんて分かりませんけどね。
it doesn’t even have to make sense?(ワケわかんなくても)
make sense は、「意味をなす」ですね
even の使い方が良いですね。
it doesn’t have to make sense? 意味をなさなくてもよい
it doesn’t even have to make sense? 意味をなさなくたってよい
こんな風に even を使えれば、会話もとっても楽しくなりますね。
女性: Watch this. Come on, big guy, drive your coffee table to Idaho!
drive your coffee table to Idaho
drive は、車で運ぶことになります。
確かに、野球の試合で、こんな声援は意味をなしませんね!
女性: Try it. It’s fun.
男性: No, that’s okay.
結局、女性は「野球ファン」ではなく、
球場に「叫びに来る」だけのようです。
一目ぼれした女性は、相当「変わっている」みたいですね。
ドラマの会話をみると、実際、ネイティブがどんな風に会話しているのか
とてもよく分かりますね。
相手の話の受け答え、タイミングはテキストからだけでは
なかなか分かりませんね。
ぜひ、あなたも「机の上」だけの勉強でなく、
「人と話す」ことで、英会話の雰囲気や、
会話のテンポ、リズムもマスターしてくださいね。
横浜にお住まいの方は、一度ごらんになって下さい。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今日の英会話レッスンでの英文です。
どんなことを言ってるんでしょうか?
I got caught sneaking out.
My father woke up and saw me all dressed up and ready to leave.
I got caught sneaking out.
受動態は、「Be動詞+過去分詞」ですが、Be動詞のところに
get が使われることもよくありますね。
この文ですと、「(ちょうど)捕まっちゃった」という感じが
伝わります。
能動態の文にすると、
(They:He) caught me sneaking out.
S V O C
ここで、sneaking は、動詞「 sneak:こっそり行く 」の
現在分詞で、me を説明しています。
受動態になっても、この「 sneaking ~ 」は、そのまま
同じ形で残るわけですね。
My father woke up and saw me all dressed up and ready to leave.
こちらは、「どの部分が?、誰が動作の主語か?」が
ちょっと分かりにくいですね。
文を分けて、動作の主語を補ってみると、
My father woke up
and
My father saw me
I was all dressed up
and
I was ready to leave.
になりますね。
ですので、この文は、
I got caught sneaking out.
My father woke up and saw me all dressed up and ready to leave.
こっそり抜けるところを捕まった。
パパが目を覚まして(外出のためちゃんと服を着た)私を見た。
こんな感じを表していますね。
もし、あなたが、この文で
どの単語が、
主語⇔動詞⇔目的語(補語)
の関係か?
どの単語が、何を説明(形容)しているのか?
よく分からなかったら、
英文の構造、ブロックで見るトレーニングが大事です。
そして、受動態の構造、現在分詞・過去分詞を用いた形容の仕方、
不定詞の使われ方なども大事になってきますね。
これらを、学習するのが、
英文法セミナー →< 英文法解説 >
になります。
ちょっと、複雑そうな文、混乱しそうな文でも、
このセミナーで学習する、
英文の構造、ブロックの理解、
そして、
受動態の構造、現在分詞・過去分詞を用いた形容の仕方、
不定詞の使われ方など
の基礎をしっかりおさえるだけで、英文がずいぶん楽に
理解できるようになります。
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

  • facebook

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP