初心者におすすめ 福岡西区今宿 個人レッスン

「変な親子が地下鉄で警官を見かけたら?」時の英語表現

ドラマの英語です。
両親と娘がサンフランシスコの地下鉄に乗っていました。
女の子はまだ小さいのですが、お父さんから
「お巡りさんを見たら何て言うの?」と聞かれて答えたのが、、、
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
少女: Abby、見て、警官よ。
父親: そんで、警官には何て言うのかな?
少女: 私には、あなたが不当な捜査を行うことを禁ずる
憲法修正第4条があります。
父親: うん。よく出来たね。(手をタッチする)
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
少女: Abby, look, policemen.
policemen
警察官ですね。女性は?policewoman ですね。
ドラマや映画では警察が良く出てきますが、いくつか呼び名があるので、
一度整理してみましょう。
police officer :officer と呼ぶこともありますね。
cop :これも聞いたことがありますね。uncomplimentary な言い方です。
police captain、chief :区域の責任者などですね。
detective :これは覚えておくと良いですよ。刑事さんですね。
inspector :検査官や、上の役職になりますね。
trooper :州警察官や、騎馬警官などになりますね。
あなたも、聞いたことがある名前がありましたか?
父親: And what do we say to policemen?
疑問文は、普通の文の形が分かると出来ますね。
we say ○○ to policemen.
do we say ○○ to policemen?
do we say what to policemen?
what do we say to policemen?
平叙文の「どのパート、品詞を尋ねているか?」がポイントですね。
もし、あなたが、すぐ疑問文の英語が口から出ないときは、
品詞の勉強がとても役に立ちます。
こちらの英文法の勉強法が、とても分かりやすいのでオススメですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
少女: I have a Fourth Amendment right prohibiting you from conducting
an unreasonable search.
Amendment
amendment は、「改正、修正」を表します。
契約書などでも、目にすることがあるかもしれませんね。
ここでは、米国憲法の修正箇条(第4条)を指しています。
(不合理な捜索、逮捕などが書かれているそうです)
アメリカの憲法は、元の規定を変更したりせず、修正内容を
付け足していくので、このような、「Amendment」というものが
出てくるそうです。
ドラマや映画で出てきたら「憲法のこと」と思い出して下さいね。
もし、あなたが、もっと興味があれば、
the Bill of Rights 権利章典
これは、Amendment の最初の10か条です。
(Amendment は、27条まであります)
bill は、法案という意味があります。
可決されると act(法令)となるそうです。
prohibit
prohibit は、「禁止する」という意味ですね。
「○○を禁止する」なら、
prohibit ○○
ですが、「人が○○するのを禁じる」時は、
prohibit 人 from 名詞
の形になります。
前置詞 from には、「離す・分離」というイメージがありますね。
He took the gun from the child.
子供から銃を取り上げた
The government must release him from custody
政府は彼を拘束から解放しなければならない
前置詞は、日本語訳で覚えるのでなく、
基本のイメージを捉えることが、英語の理解を助けますね。
こちらは図解の説明で分かりやすいですよ。
こちらです ⇒ 英文法解説
父親: Yeah. Give me some skin.
これは、初めて聞きました。
スポーツなどで見かける「ハイタッチ」みたいな感じで、
手を「パチン」と合わせていました。
ドラマや映画では、
“High five”、 “Give me five” なんて聞くかもしれませんね。
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回の少女のセリフ
少女: I have a Fourth Amendment right prohibiting you from conducting
an unreasonable search.
子供がこんな事を言うところがおかしいですね。
ドラマを見ると思うのですが、
聞き取れるセリフと、全く聞き取れないセリフが混在します。
当たり前の話ですが、ドラマの中の登場人物が話す英語に
「簡単な英語、難しい英語」なんて、存在しないわけですね。
特別難しい内容を除けば、
たくさんの視聴者が楽しめるように、
日常の会話の言葉が使われているわけですね。
少女のセリフも、「内容」は、憲法のことですが、
文は、普通の文のはずですでの、ぜひ、使えるようになりたいですね。
ちょっと、詳しく見てみましょう。
I have [ a Fourth Amendment right ]
prohibiting you from
[ conducting an unreasonable search ].
prohibiting you from
現在分詞を使って憲法の説明をしていますね。
このように、現在分詞は、目的語を持つ動詞の形で
名詞に説明を加えられるので、とても便利ですね。
前置詞がありますので、続く形もまた ing の形が来ています。
conducting an unreasonable search
不当な捜査を conduct 行う(行為)と、こちらも
目的語を持っています。
( conduct は、「オーケストラの指揮」でもおなじみですね)
このように、
I have a Fourth Amendment right prohibiting you from conducting
an unreasonable search.
という、一見長そうな文でも、
英文の構造を知っていれば、3つの短い文に分かれた
簡単な文に見えてしまいます。
もし、あなたが「長文」が苦手なら、
ぜひ、英語学習の最初に、「英文法の基本」を身につけることを
オススメします。
英文法は、実はそんなに複雑ではありません。
ただ、
・ バラバラに学んでしまう。
・ テストでは、分かり難い事が出題される。
ため、英文法嫌いが増えてしまうんですね。
でも、もともと「英文法」は、英語を分かりやすく理解するための
便利な「ガイドブック」なんですね。
英文の構造を、とても分かりやすく学習出来るのが、こちらです。
文法セミナー ⇒ 英文法解説
普通の英文法書ともっとも異なるのが、
「品詞・単語の並び」を一貫して説明している点です。
そのため、どの分野でも、バラバラな理解になりません。
私も、この手法を英会話レッスンに積極的に取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
「英会話講座のお知らせ」です
私とネイティブ英会話講師ボブが一緒に英会話講座を始めました。
場所は、横浜の東戸塚と保土ヶ谷で、月曜日と火曜日になります。
ボランティア活動の一環としても行われているため、レッスン料も
お安くなっております。
もし、あなたがお近くにお住まいでご興味がございましたら、
こちらのページをご覧下さい。
こちらです ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

  • facebook

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP