英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「ブルーベリーパイを食べにどこへ行く?」時の英語表現

ドラマの英語です。
文句を言って来たおとこを、ピシャリとやっつけた男性。
女性はたいそう喜んで、またもや、男性をどこかに連れて行きます。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(サンフランシスコ野球場で、「悪そうなおとこ」と喧嘩しています)
男性: Greg Montgomery、司法省の者だ。
男性: お前には2つの選択がある:
誤るか、それとも税関に行って、このキューバ葉巻きについて話し合おうか
おとこ: くそぅ。
悪かったよ。(女性に向かって)
女性: いいわ。
(今回はここからです)
女性: すご~い、とっても優しいのね。
だれも、これまで私のために人を脅かしたりしなかったわ。
ありがとう。
男性: 良いってことさ。
女性: あなたはご褒美にふさわしいわ。
男性: 何を考えてるの?
女性: ブルーベリーパイは好き?
男性: あぁ。
女性: おいで。
(球場を抜け出そうとしています)
男性: でも、ジャイアンツが勝っているんだけど。
女性: 誰?
(飛行機に乗っています)
男性: 知ってるだろうけど、パイならサンフランシスコにもあるのに。
女性: このパイは無いよね。
(リノのレストランで)
男性: 君が正しい。今までの僕の人生で最高のパイだ。
どうやってこの場所を見つけたの?
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(サンフランシスコ野球場で、「悪そうなおとこ」と喧嘩しています)
A: Greg Montgomry, Justice Department.
A: You have two options:
Either apologize, or we’ll take a ride over to Customs…
…and have a chat about these Cuban cigars.
D: Oh, man.
Sorry.
A: It’s okay.
(今回はここからです)
C: God, that’s so sweet.
Nobody has ever intimidated someone for me before.
Thank you.
God, that’s so sweet.
ネイティブの会話では、「 God 」は、とてもよく出てきますね。
嬉しい、悲しい、驚きなど、感情がとても高ぶったときに
よく言ってますね。
sweet は、「甘い」の他にもたくさんの意味がありますが、
性格が優しいときにも使われますね。
intimidate
intimidate は、「怖がらせる、脅す」ような感じですね。
My boss is trying to intimidate me.
私の上司が、私を脅そうとしているの。
A: You’re welcome.
C: You deserve a reward.
deserve a reward
deserve は、とてもよく使われる動詞ですし、便利ですので
ぜひ、あなたの会話のボキャブラリーに加えてくださいね。
この動詞の面白いところは、「良いこと」でも、「悪いこと」でも
使うところですね。
良いこと:昇給にふさわしい、価値があるなど、
deserve an award
悪いこと:当然の報いだ、罰は仕方ないことだ
deserve a penalty
reward も、ここでは「ごほうび」ですが、「報い、罰」など
悪いことにも使われますね。
A: What do you have in mind?
このフレーズも決まり文句でよく聞きますね。
直訳っぽく言うと、
「何を持っていますか、頭の中に?」
という感じですので、「何考えてるの?、何かあてがあるの?」という
雰囲気にも使えますね。
C: Do you like blueberry pie?
A: Sure.
C: Come on.
(球場を抜け出そうとしています)
A: But the Giants are winning.
サンフランシスコジャイアンツのホームゲームを見に来て、
勝っているのに、試合の途中で抜けるなんて?
と、男性は思っているのですが、、、
C: Who?
女性は、ジャイアンツという球団名さえ知りませんでした。(笑)
オルガンを聞きに来て、叫んでいるだけでしたからね!
(飛行機に乗っています)
A: You know, they have pie in San Francisco.
さらに、ブルーベリーパイを食べるのに、
女性は飛行機に乗ってしまいました。
いったい、この女性の頭はどうなっているのでしょうか?
C: Not this pie.
男性は、「サンフランシスコ」でもパイは食べれるのに、
どうして「飛行機に乗ってパイを食べに???」
と思っているのですが、女性は、
「 このパイはサンフランシスコでは食べられないね 」
と自信満々ですね。
(リノのレストランで)
A: You’re right. It’s the best pie I’ve ever had in my life.
How did you find this place?
リノは、サンフランシスコの北西に2-300KM行った街です。
(ギャンブルでも有名ですね。)
この場合、例えば、
横浜の人がランチに、飛行機に乗って牛タンを食べに仙台に行く?
そんな感じでしょうか?
It’s the best pie I’ve ever had in my life.
pie パイを説明している内容に、
(1) best :最高の
(2) I’ve ever had (pie) in my life :これまで(人生で)食べたパイ
の2つがありますね。
(2) は、had の目的語を関係代名詞を使って修飾していますね。
(そして、この場合はよく省略されますね)
このように、関係代名詞は、名詞を修飾しますが、
他にも、分詞や不定詞を使って名詞を修飾することが出来ますね。
編集後記では、分詞についてお話いたしますね。
難しそうなこれらの不定詞、分詞、関係詞も、こちらでは
とても分かりやすく解説されているので、オススメです。
こちらです →< 英文法解説 >
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
動詞は、次の5つの形を意識しておくと、
英語がとても分かりやすくなりますね。
「 原形 ・ 現在形 ・ 過去形 ・ 現在分詞 ・ 過去分詞 」
現在形と過去形は、馴染みやすいですが、
その他の、
「 原形 ・ 現在分詞 ・ 過去分詞 」
も、英会話では、同じくらいとても大事ですね。
さらに、TOEICなど試験にも、よく出題されますね。
「 現在分詞 ・ 過去分詞 」は、それぞれ、
現在分詞:V+ing
過去分詞:V+ed
の形をよく見ると思います。
そして、「 現在分詞 ・ 過去分詞 」には、
Be + V ing ⇒ 進行形
Be + V ed ⇒ 受身
Have + V ed ⇒ 完了形
のようなキャラクターがありますね。
「 現在分詞 ・ 過去分詞 」は、先に出てきました関係代名詞のように
名詞を修飾できます。
そして、名詞を修飾する場合も、このキャラクターを意識すると
とても理解しやすいわけですね。
分詞で名詞を修飾する形は、単独で理解するよりも、
名詞との組み合わせ
で、慣れておくと、使えるようになると思います。
ちょっと練習してみましょう。
「 現在分詞 」
進行形の感じです。
a barking dog ( a dog is barking )
a sleeping dog ( a dog is sleeping )
名詞が主語になっていますね。
能動態の感じです。
an interesting story ( a story interests you )
an exciting movie ( a movie excites you )
話や映画が主語になっていますね。
人の感情に関わる動詞が、よく出てきますね。
「 過去分詞 」
受身の感じです。
a broken window ( a window is broken )
a reserved seat ( a seat is reserved )
名詞と動詞の関係を、前の「現在分詞 V ing」の例と見比べて下さいね。
完了の感じです。
a retired man ( a man has retired )
fallen leaves ( Leaves has fallen )
名詞と動詞は受身の関係ではないですね。
そして、分詞に目的語や、前置詞が続くと、
名詞の後ろによく置かれますね。
a girl playing the piano
the piano が、playing の目的語になっています。
このように、分詞を使った名詞の修飾も
・ 現在・過去分詞のそれぞれのキャラクターを意識する
・ 分詞の「動詞」と、修飾される「名詞」の関係を確かめる
を行えば、スッキリ理解できますね。
英文法の「基礎」はそんなに難しくはありません。
そして、「基礎」をきっちり理解してしまえば、
英会話やテストなどの「実践」でも、すぐに役に立つわけですね。
もし、あなたが、
分詞、不定詞、関係詞の使い方
動詞の種類や特徴
文型と単語の並び、
が苦手なら、ぜひ、こちらをオススメします。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
基本的な文法、英文の構造を、ブロックのように
ビジュアルで理解できます。
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
とても、丁寧な説明と、一貫した「単語の並び:ブロック」の解説法は、
これまで、英文法になじめなかった人にもオススメです。
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、本当に「会話で使える英語」を学びたいなら、
全ての学習の基本である、英文法から始めてくださいね。
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP