英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「ヒッピー家族の次は、金持ち家族の家に行く」時の英語表現

ドラマの英語です。
お父さんには、「結婚した」と言えません。
お父さんが怪しがる前に、お母さんが「もう帰ろう」と
娘の家を出て行きます。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(サンフランシスコの女性のアパートです。女性の両親と一緒です)
父親: 俺、アダムやってた。
女性: 聞いたわ。Larry、こちら Greg よ。
(今回はここからです)
母親: えぇ、そんで、二人はちょうど H するとこなの、
だから私たちは多分、行かないとね。
父親: がんばれ。
(お父さんとお母さんが、娘のアパートを出て行こうとします)
母親: あの子、かわいいわね、そう思わない?
父親: 弁護士の臭いがするぞ。
男性: 僕の両親。
女性: あっ、着替えるわね。いい。
男性: (独り言)あんなにひどく着替えできるとは思わないでくれ。
(男性の家で両親とランチをしています)
母親: Finkelstein?
Edward、私たちのユダヤのお友達のお名前は何でしたかしら?
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(サンフランシスコの女性のアパートです。女性の両親と一緒です)
父親: I’m doing Adam.
女性: I heard. Larry, this is Greg.
(今回はここからです)
母親: Yeah, and they are about to have sex,
so we should probably leave.
they are about to have
動詞には、現在形や、過去形があります。
では、未来は?
(実は、現在、過去にもいろいろな形がありますが)
未来を表す表現もいろいろありますね。
例文の be about to do という形は、
「今、ちょうど、~ しようとしているところ」
という感じを表しますね。
She was about to go out
ちょうど出かけようとしていた
we should probably leave
会話では、副詞や助動詞は、頻繁に使われますね。
知らない名詞を覚えるよりも、このような、
良く使う助動詞、副詞を会話に織り交ぜる方が、
よっぽど、ネイティブっぽい会話になりますね。
should は、
「~すべきである、するのが当然だ、したほうがいい」
という話し手の考えを表しますね。
似たような表現に、have to や ought to、must などがありますね。
これらは、似ていますが「いつでも置き換え可能ではない」です。
あなたが、これらを日本語訳で覚えていると、
取り違えて使ってしまう可能性がありますね。
日本語訳でなく、それぞれが持っているニュアンスをつかむことで、
自在に使えるようになるわけですね。
もし、あなたが会話で「must, ought to」を良く使って、
「should, have to」をあまり使わないなら、
一度、ネイティブにチェックしてもらうことをオススメしますよ。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(初心者でも、日本語の解説があるので安心ですね♪)
父親: Dig it.
(お父さんとお母さんが、娘のアパートを出て行こうとします)
母親: He’s cute, don’t you think?
He’s cute
簡単な単語ほど、隠語、通語のような意味がありますね。
女性が男性に対して言うと「イイオトコ」的な意味になりますね。
他にも、cool, hot, gorgeous など、いろいろ
ドラマや映画で聞きますね。
父親: I smell a lawyer.
お父さんとしては、娘にボーイフレンド(実は夫ですが)が
出来たことは、、、素直には喜べないかもしれません。
それにしても、「弁護士臭い」とは、するどいです。(笑)
ヒッピーお父さんは、超反社会的ですので。
男性: My parents.
女性: Oh, I’ll change. Okay.
I’ll change
ぼっとしている女性に、「両親に会う」ことを思い出させます。
change は、自動詞では、「着替える」、「声変わりする」なんて
意味がありますね。(人が主語なら、これぐらいでしょうけどね)
男性: Don’t think you can change that much.
that much
こういうのは、分かりにくいですね。
彼女の親、二人の裸を見てしまったので、
今度は彼女が「裸」のような格好をして、自分の両親に会わないか
心配しているわけですね。
(男性の家で両親とランチをしています)
母親: Finkelstein?
Edward, what’s the name of our Jewish friends?
Finkelstein は、女性の姓でしたね。
さて、今度は、男性の両親ですね。
Edward は、パパ。ママは、Kitty といいます。
女性の親は、ヒッピーでしたが、男性の親は、
大邸宅に住んでいます。
ちなみに、豪邸を mansion といいますね。
ドラマの英会話は、ネイティブが楽しんで見ている「生の英会話」です。
使われるフレーズや、話のテンポ、やりとりも
あなたの英会話に役立つものばかりですね。
フレーズや単語は、「知ってる、知らない」ではなく、
あなたの口から出てきて、初めて生きてくるわけですね。
横浜にお住まいなら、私たちと一緒に、実際に英語を話しましょう。
初心者には日本語で解説、少し話せるならネイティブ講師とレッスン。
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(初心者でも、日本語の解説があるので安心ですね♪)
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7月は、レッスンで歌をやっています。
先日は、カーペンターズの Only Yesterday をやりました。
(Yesterday Once More ではありませんよ)
その中の歌詞の一部を、手を加えて紹介しますね。
nobody knew the pain (I was goin’ through) [in my own time]
the pain の説明が (I was goin’ through)。
Maybe you can’t see how much (you mean to me)
how much の説明が (you mean to me)。
You were the dawn (breaking the night)
the promise [of morning light (filling the world (surrounding
me))]
かなり長い文ですが、
the dawn の説明が (breaking the night)
the promise の説明が [of morning light
morning light の説明が (filling the world
the world の説明が (surrounding me)
単語の説明や、文の説明を、
前置詞、関係詞、分詞
を自在に使っていますね。
歌詞では、そんなに難しい単語は使われませんが、
基本の英文法事項に出てくる内容が、様々に使われていますので、
とても勉強になりますね。
英語の文は、日本語の「て、に、を、は」にあたるものがありません。
そのため、どの単語が、どれを説明しているのか?
分からないと、ピンとこないわけですね。
英文を読むには、
使われている単語を知っているだけではダメなんですね。
英文を読むには、
品詞、文型、不定詞、分詞、that節、前置詞+名詞の役割、
単語と単語の関連、結びつき
などの理解が必要です。
私が、「分かりやすい英文法解説」としてオススメしているのが
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
このセミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
品詞や文型について、これだけ丁寧に説明した英文法解説は
これまで見たことがありません。
そして、分かりやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
そして、「受動態、分詞、関係詞、比較、倒置」
など、苦手とする分野もきちんとサポートされています。
第1、2号 品詞 第29、30号 分詞
第3、4号 文型 第31~34号 第5文型
第5、6号 副詞 第35、36号 動名詞
第7~10号 前置詞 第37、38号 準動詞の注意点
第11~18号 接続詞 第39、40号 形容詞
第19、20号 受動態 第41~46号 疑問文・疑問節
第21、22号 倒置 第46~50号 関係節
第23~28号 不定詞 第51~56号 比較
(全300ページを越えるボリューム)
しかし、私が最も良いと思う点は、この英文法の解説が、
一貫して、「品詞と単語の並び」を重要視、解説しているところです。
このような説明のしかたは、今までの英文法書では見た事がありません。
そして、このおかげで、英文法が初心者の方でも
「難解な関係詞」さえ、非常に理解しやすくなっているわけですね。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP