英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「あなたは息子の結婚する相手ではないと親に言われる」時の英語表現

ドラマの英語です。
男性は、「愛する女性」と結婚できて、幸せだったのですが、、、
母親は、「結婚とは愛でない!結婚に愛など不要!」と断言します。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(男性の家で両親とランチをしています)
女性: Dharma です。
母親: 何でもいいわよ。
(今回はここからです)
父親: Dharma さん。
あなたは、私たちが想像していた「息子が結婚する女性」の全くのタイプ
ではないんです。
男性: どうやったらそう言えるんですか?彼女について何も知らないでしょう。
父親: もっともだ。
Dharmaさん、あなたのことを私たちに聞かせてくれないか。
女性: えーっと、お昼は犬の調教で、、、それから、夜はヨガを教えて。
母親: もう十分よ。
男性: お二方が想像していることは忘れてください。
恋している僕のことはどうなのですか?
母親: Gregory、これは愛についてではないのよ。
男性: どうやって、結婚が愛についてではないのですか?
母親: 知らないわよ。お父さんに聞いて。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(男性の家で両親とランチをしています)
女性: Dharma.
母親: Whatever.
(今回はここからです)
父親: Dharma.
You’re not exactly the type of girl we imagined our son settling
down with.
「編集後記」で、文の説明をお話いたしますね。
imagine
「想像する」という動詞ですね。
imagine の 後には、直接、目的語をとったり、that を伴って、文を
とったりします。
例文では、目的格+doing という形をとっていますね。
we imagined our son settling down …
私達は想像してた「息子は落ち着くと~」
目的格+doing という形で、「○○が do する」という
文と同じような情報を持つことが出来ますね。
settle
settle は、ちょっと「ぼやぁ」とした意味なので、
使われる主語や、目的語で様々な意味になりますね。
落ち着く、定住する、安定させる、精算する、解決する、処理する、、
単語中にある「set」をイメージすると、分かりやすいかもしれませんね。
例文では、
our son settling down with (girl)
と、「女性と落ち着く ⇒ 結婚する」そんな意味ですね。
男性: How can you say that? You don’t know anything about her.
How can you say that?
how は、「程度 or 方法」を尋ねるときに使われる疑問詞ですね。
この文では、
you can say that:そう言える
父親が「君は息子には向いていない」と断言できる方法を
尋ねていますね。
あなたも、このような疑問文を実際に作ることで、
言い回しに慣れることが出来ますよ。
How can you say that? 何でそう言えるの
You don’t know anything about her. 何も知らないくせに
決まりセリフと言えるくらいのフレーズですね。
日本語に惑わされないようにしてくださいね。
父親: Fair enough.
Dharma, tell us about yourself.
Fair enough
こちらは、決まり文句ですね。
相手が「もっとも」なことを言ったときに、
それを受け入れるセリフですね。
fair は、「公平⇔不公平 unfair」でおなじみですが、
特に、こどもが「兄弟げんか」の時に言うのをよく聞きますね。
That’s not fair! ずるいよ!
女性: Well, I train dogs during the day
…and then I teach yoga at night.
母親: That’s enough.
That’s enough
これも決まり文句ですね。
息子は「米連邦検事補」、父親は「大金持ち」。
その息子の嫁にはふさわしくないと、母親は激怒しています。
男性: Forget about what you imagined. What about me being in love?
「編集後記」で、文の説明をお話いたしますね。
母親: Gregory, this is not about love.
母親は、「恋愛と結婚は別物」という考えです。
男性: How can marriage not be about love?
またまた、how ですね。
疑問文は、分かりにくいことがありますが、
肯定文にしてみると、意外と分かることがありますね。
marriage can not be about love
結婚は、恋愛なんかでありえない
この文の内容を HOW 「どうやったら、そんなことが」
と、尋ねているわけですね。
母親: I don’t know. Ask your father.
このセリフの裏には、
私(母)とお父さんの結婚は、
marriage can not be about love
結婚は、恋愛なんかでありえない
という現実があるわけですね。
このように、ドラマでは会話に良く使われる表現、決まり文句が
たくさん出てきますね。
そして、あなたも「決まり文句」を使えば、
一発で、意味が通じるわけですね。
あなたも、ナチュラルな英語が話せるように、ぜひ、
ドラマの英語も、学習に取り入れてくださいね。
そして、「どんなシーンでその決まり文句を使うか?」その解説は、
英会話レッスンで私たちに聞いてくださいね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(初心者でも、日本語の解説があるので安心ですね♪)
横浜にお住まいなら、私たちと一緒に、実際に英語を話しましょう。
初心者には「日本語で解説」
少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
単語の意味で、何となく理解するのと、
文の構造から、しっかり理解するのでは、
後々、ずいぶん差がついてしまいます。
背景が分かって、難しい単語が少ない「ドラマのセリフ」で
あなたもトレーニングすると、随分、英語力が着くはずですね。
長い文を見るときには、
S(名詞) V(動詞)O(名詞): 前置詞+名詞
を探して、修飾している単語などを取り除くと、分かりやすくなりますね。
例文を使って練習してみましょう。
父親:
You’re not exactly the type of girl we imagined our son settling
down with.
修飾している単語などをカッコで区別します。
You’re not (exactly) the type (of girl we imagined our son
settling down with).
これで、この文が、
You’re not the type 「あなたはタイプではない」
という内容が良く分かりますね。
タイプとは、「女性のタイプ」ですが、その女性の説明が、
girl (we imagined our son settling down with)
カッコの中になるわけですね。
(we imagined our son settling down with [girl])
この文は、本文の解説でもお話しましたように、
we imagined
our son [settle down] with [girl]
息子は女性と結婚する
というふうに、浮かび上がってきますね。
こちらの文はどうでしょう。
男性:
Forget about what you imagined. What about me being in love?
前半は、
Forget about (what you imagined)
カッコの中のことについては、忘れてください。という文ですね。
カッコの中は
(you imagined [what])
あなたが何かを想像ずる
その何かになるわけですね。
次は、
What about (me being in love)?
こちらは、being という現在分詞を使って、me を説明していますね。
その内容は、
(I am (/am being) in love)
のような感じになりますね。
あなたも、
背景が分かっている文章、簡単な単語を使って「文の構造」を
確認するトレーニングを行ってくださいね。
もちろん、私の英会話レッスンでもよく行っていますので、
あなたが横浜にお住まいなら、ぜひ、覗きに来て下さいね。
無料体験レッスンもありますし、
ネイティブ講師のレッスンもご覧いただけますよ。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
そして、
あなたが、
文型、構文、不定詞、分詞、関係詞をもう一度確認したい、
もっと難しい文も独力で読めるようになりたい
と考えるなら、
英語の知識が、とても分かりやすい英文法セミナーをオススメします。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
基本的な文法、英文の構造を、ブロックのように
ビジュアルで理解できます。
自分のペースで学習を進められますし、
分からないところは、直接、質問できますので
あなたに合った「英文法セミナー」になります。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この手法を英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【友人・同僚・家族へご紹介、転送してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!
メルマガ購読者の仲間を増やして行きましょう。
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
購読したい方には「購読は↓からできるよ」と教えてあげてください
無料英語学習メルマガの購読

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP