英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「寝室で寝ないで、マンションの屋上で寝るの?」時の英語表現

【「寝室で寝ないで、マンションの屋上で寝るの?」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドラマの英語です。
育った環境が全く違う二人。いろんな困難を乗り越えて、
これから二人の生活が始まります。
でも、早速、女性が変な行動を始めるようです。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(女性のアパートです)
(たくさんの犬や猫や鳥が二人を見ています)
女性: 始めっからね。
あなたをすごく立派だとおもってるわよ。
男性: ショーはおしまいだよ。
さぁ、行って行って。
(今回はここからです)
女性: もう今夜はおしまい?
男性: あぁ、もうくたくただよ。
女性: 来て。
男性: もう寝るって思ってたんだけど?
女性: 寝るよ、でも、ここじゃないの。
(マンションの屋上にマットを持って上がります)
女性: ねぇ、Greg、もし私たちが、こんな風に駆け落ちして結婚しなかったら
どうしてたと思う?
男性: 分かんないなぁ、2度目のデートかな?
女性: うーん、ねぇ分かる?私たちこうやれて、私、嬉しいの。
だって、あなたと一緒にいれる一瞬一瞬がまるで驚きなんだから。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(女性のアパートです)
(たくさんの犬や猫や鳥が二人を見ています)
女性: Since the get-go.
I think they’re real proud of you.
男性: All right, show’s over.
Move along.
(今回はここからです)
女性: You ready to call it a night?
call it a night
これは決まり文句ですね。
同僚と仕事をしていて、夕方、きりが良いところで
仕事を切りあげるときなどに、
call it a day と言ったりしますね。
Let’s call it a day and go home!
今日の仕事はもう終わりにしよう。ここまでにしてもう帰ろう。
day のところが、いろいろ変わったのも聞くことがありますね。
Let’s call it a night.
今夜はこれでお開きです。
call it a draw
「 draw 」は引き分けですね。
男性: Yeah, I’m beat.
I’m beat
これも決まり文句ですね。
beat は、動詞で「打つ、叩く」という意味ですね。
料理なら、beat eggs 「卵やクリームをかき混ぜる」のにも使われますね。
会話ではさまざまな意味でとてもよく使われますね。
It(/That) beats me.
参ったなぁ。さっぱり分からないなぁ
何か尋ねられたとき、「見当がつかない」ようなときの
決まり文句ですね。
質問が「私を倒した」みたいな感じでしょうか。
It も略されて、Beats me とも聞きますね。
(間違って、相手を叩かないで下さいね)
試合や戦いなどで、相手を負かす時にも使われますね。
He will do anything to beat me at Scrabble.
負かすためには手段を選ばないぞ
Scrabble スクラブルは、クロスワードパズルのように
「英単語」を並べるボードゲームです。
私も持っていますが、好きなら「英単語」を覚えるのに効果も?
ことわざにも使われていますね。
If you can’t beat them, join them!
打ち負かすことができなければそれに従え
まるで「長いものには巻かれろ」の英語版ですね。
会話で良く使われる英単語や、決まり文句は、
「日本人、ネイティブ」のどちらのレッスンもある
私たちの英会話教室で一緒に学びましょう♪
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
女性: Come on.
男性: I thought we were going to sleep?
女性: We are, but not here.
「もう寝る」と思っていたのに、寝室では寝ない?って、
どういうことなのでしょうか?
女性の「We are, 」というセリフは、前の男性の
we were going to sleep?
を、受けていますね。会話では良く使われる、返事の仕方ですね。
(マンションの屋上にマットを持って上がります)
女性: Hey, Greg, what do you think we would’ve done
if we hadn’t run off and gotten married?
run off
run off には、たくさんの意味がありますね。
このような 基本動詞 + 副詞(前置詞)は、その都度、「日本語訳」を
全て覚えようとしてもキリがありませんね。
run の基本の意味、off の感じをしっかり把握することが大事ですね。
run は、「走る」という意味がありますが、「水」など液体が
流れることにも使われますね。
流れ出る、排水する、下痢になる
ここでは、off が「離れる」という感じから、
逃げ去る、 家出する、駆け落ちする、
感じですね。
前置詞の基本のイメージは、英文の解釈にとても重要です。
すんなり理解できるようになるのに、こちらがオススメですよ。
英文法解説 ⇒ 英文法解説
男性: I don’t know, had a second date?
女性: Well, you know what?
I’m glad we went for it.
Because now every moment with you is like surprise.
you know what?
「ねぇ、知ってる?分かる?」などと、話を切り出すときの
会話の決まり文句ですね。
こんな表現は、日本語に訳しても、あまりしっくりきませんね。
we went for it
これも、決まり文句ですね。
最近は、日本語の「がんばる」という英訳にも、よく
go for it
が使われますね。
go は、「行く、進む」、そして for は、「方向、目的」を
表しますから、「目標に向かって頑張る」には、ピッタリですね。
このように、ドラマでは会話に良く使われる表現や、感じが
よく分かりますね。
あなたも、ナチュラルな英語が話せるように、ぜひ、
ドラマの英語も、学習に取り入れてくださいね。
そして、「どんなシーンで決まり文句を使うか?」その解説は、
英会話レッスンで私たちに聞いてくださいね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(初心者でも、日本語の解説があるので安心ですね♪)
横浜にお住まいなら、私たちと一緒に、実際に英語を話しましょう。
初心者には「日本語で解説」
少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
学校や試験では、あまりなじみが無い単語でも、
会話では、とてもよく使われるものがありますね。
beat もその一つですね。
ことわざに、こんなのがあります。
One beats the bush, and another catches the birds.
ある人(one)がヤブを叩き、
別の人(another)が(そこから出てきた)鳥を得る。
苦労する者と苦労せずに利益だけを取る者がいる。
藪を叩く人は「骨折り損のくたびれ儲け」
鳥を取った人は「漁夫の利」に近い?
そんな感じですね。
He who has a mind to beat his dog will easily find a stick.
人の悪口を言おうと思えば悪口の種はすぐに見つかる。
こちらは、ちょっと分かりにくいですね。
主語の He に関係詞で説明がついているので、分けてみましょう。
He (who has a mind to beat his dog) will easily find a stick.
He will easily find a stick 棒を見つける
He has a mind to beat his dog 犬を叩こうと思ってる
「英文の構造」を理解していれば、読みやすいですね。
今回の文でも、
女性: Because now every moment with you is like surprise.
now | every moment (← with you) / is / (like →) surprise.
こういう風に見えたり、
女性: Hey, Greg, what do you think we would’ve done
if we hadn’t run off and gotten married?
if :もし
we hadn’t “run off” / and / we hadn’t “gotten married”
だったら
what (do you think) :思いますか?
we would’ve done “what” :私たちは何をやったか
こういう風に見えたり。
(時制をずらして、現実ではなかった仮定の話をしていますね)
「英文の構造」を理解していれば、読みやすいですね。
英文を読むには、
使われている単語を知っているだけではダメなんですね。
英文を読むには、
品詞、文型、不定詞、分詞、that節、前置詞+名詞の役割、
などの理解が必要ですね。
私が、「分かりやすい英文法解説」としてオススメしているのが
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
このセミナーでは、英文を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
品詞や文型について、とても丁寧に説明してありますので、
「英文の構造」が解かりやすいんですね♪
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく記憶にも残りやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
英会話初級者の方から、TOEIC高得点の方まで、広いレベルで
支持を得ているのは、まさに、
英文法の基礎 ⇒ 応用 へと分かりやすく展開する
英文法の解説だからなのですね。ぜひ、受講者の感想を参考にして下さい。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP