英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「姑に好かれようと、一緒にテニスレッスンに向かう」時の英語表現

【「姑に好かれようと、一緒にテニスレッスンに向かう」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドラマの英語です。
男性の母親に嫌われてると気が付いた女性。
「考える時間が必要だからそっとしておいてくれ」という注意を無視して、
男性の実家に行ってしまいました。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(女性はなぜか、男性の実家に行ってしまいました)
女性: そういうことで、私がここに来ましたのは Greg の考えでして。
(今回はここからです)
母親: 彼にお礼を言うことを後で教えてね。
女性: 私、お母様と私が一緒に過ごして、
お互いを知り合うことを考えてるんです。
母親: Dharma、あらまぁ、
テニスのレッスンに行く時間だわ。
ごめんなさい。急がなくっちゃ。
女性: いいですね。私もテニスが好きなんです。
えっと、するんでなく、見るのかな。
外なら、とにかく嬉しいんでして。
(テニスコートです。母親はテニス、女性は脇に立っています)
女性: やりましょうよ、楽しいですって。
一番恥ずかしかった時。
じゃぁ、お母様が最初ね。
(母親は無視してボールを打ち続けています)
女性: 分かりました。じゃあ、私が先ですね。
それで、私が、みんなホントに「肉」を食べるって知ったのは、
12の時なんですね。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(女性はなぜか、男性の実家に行ってしまいました)
女性: So in a way, it was Greg’s idea that I’m here.
(今回はここからです)
母親: Remind me to thank him.
もちろん、皮肉ですね。
Remind me to
remember とちょっと似ていますが、
I remember you … :私は、(あなた)を覚えている
I remind you … :私は、(あなたに)思い出させる
「人に、何かを思い出させる」という意味ですね。
You remind me to thank him.
私に、「ありがとうと言う」ことを思い出させてね。
目的語に「人」、続く不定詞部で、「内容:動作」を表しますね。
「内容:動作」の主語は、目的語の「人」になりますね。
思い出させる「内容:動作」が、名詞や文のときには、
She reminded me of a meeting…
She reminded me that we have a meeting…
会議を思い出させてくれた。
前置詞 of/about や、接続詞 that が使えますね。
動詞によって、前置詞、不定詞、動名詞、接続詞のどれをとるか?
その場合、どういう意味になるか?
英文法の基本が分かっていると、すっきり理解できますね。
こちらの説明は、基本からキチンと確実に理解できるのでオススメです。
英文法講座 → 英文法解説
女性: I’m thinking you and me spend the day together
and get to know each other.
spend the day
spend は、「時間を過ごしたり、お金を使ったり」するときに
使われますね。
TIME is MONEY
英語の表現にも、「時とお金」を同じ意味で使うような表現が
多い気がしますね。
母親: Dharma– Oh, my goodness.
It’s time for my tennis lesson.
I’m so sorry. I must run.
男性の母親は、息子を奪った嫁の顔など見たくもありません。
「テニスのレッスンの時間」と言って、さっさと逃げ出そうとします。
I must run
run は、「走る」ですが、このように「急いでいく」という
感じにも使えますね。
女性: Oh, great. I love tennis.
Well, not to play. Or watch.
I’m just really glad it’s out there.
女性も、だまってお母さんを逃がしたりしません。
とことん、「追いかける」つもりです。
I’m just really glad it’s out there
glad 嬉しく思う理由を指すのに、前置詞、不定詞、そして、
例文のように that の接続詞が使えますね。
I’m glad about her success.
I’m glad to meet you.
I’m glad (that) she succeeded in her campaign.
英文法が分かれば、単語ごとにバラバラに覚えるのでなく、
「基本」を適応する見方ができるので、英語が急上達しますね。
(テニスコートです。母親はテニス、女性は脇に立っています)
女性: Oh, come on, it’ll be fun.
Most embarrassing moment.
You go first.
Most embarrassing moment
感情に関係する多くの動詞で
現在分詞 ⇔ 過去分詞(受身)
embarrassing ⇔ embarrassed
の関係が見られますね。
例えば、映画なら
映画:現在分詞 ⇔ 私:過去分詞(受身)
The movie was exciting ⇔ I was excited
ですね。
よく間違うフレーズこそ、実際、「英語で話して慣れる」のが
一番ですね。
あなたも、「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある
私たちの英会話クラスで、こんな使える表現を一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
(母親は無視してボールを打ち続けています)
女性: Okay. I’ll go fast.
So I’m 12 years old when I find out people actually eat meat.
You go first / I’ll go fast
順番で、「あなたが先ね」など言うときの決まり文句ですね。
I find out people actually eat meat.
find out は、単に無くしたモノを見つける感じでなく、
out から、
知らなかった事、調査した事など新たに知る感じで使われますね。
こちらの文にも、that節 が使われていますね。
このように、ドラマでは会話に良く使われる表現や、感じが
状況と一緒に、よく分かりますね。
あなたも、ナチュラルな英語が話せるように、ぜひ、
ドラマの英語も、学習に取り入れてくださいね。
そして、「どんなシーンで決まり文句を使うか?」その解説は、
英会話レッスンで私たちに聞いてくださいね。
横浜にお住まいなら、私たちと一緒に、実際に英語を話しましょう。
初心者には「日本語で解説」
少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生徒さんから
「普段は、何を勉強すれば良いんですか?」
そんな質問をよく受けます。
そして初級者の方には、私はよく、こう答えています。
「まずは、できるだけ毎週レッスンに来て下さい」
「それ以外に勉強する時間があれば、レッスンの復習をして下さい」
「そして、できるだけ『あれこれ』といろいろやらないで下さい」
どういう意図なのでしょうか?
1.「まずは、できるだけ毎週レッスンに来て下さい」
これは、英会話の学習の優先順位を、「出来るだけ上げる」
ということです。
日々、忙しくなってくると、英会話レッスンは後回しにしたくなるものです。
でも、そこで「出来るだけレッスンに出る」と自分に言い聞かせて
そして、実際に行動することで、
あなたの中で、「英語の学習」の優先順位が高くなります。
すると、日々の生活で、自然に英語を意識できるようになるわけですね。
実際に、
「毎週かならず来ようとする」生徒さんは、かならず伸びますね。
2.「それ以外に勉強する時間があれば、レッスンの復習をして下さい」
これは、「レッスンでは、あなたのレベルに合った
最も大事なことを厳選して教えている」
ということです。
自分で、「勉強内容」を勝手に探すより、的確な内容ですので、
まずは、それからマスターするのが上達の近道だということですね。
そして、
3.「できるだけ『あれこれ』といろいろやらないで下さい」
これも、2.と同じことですね。
巷に「英語学習」は煩雑にあふれています。
だから、「あなたに大事なことからマスターすることに集中する!」
ことが大事というわけですね♪
その中で、とても分かりやすく、私もレッスンでその考え方を
しばしば使わせていただいているのが、
こちらの英語学習です。
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
この英文法セミナーでは、
英語学習指導を行っている鈴木さんが
あなたに「アドバイス」をしてくれますので、安心なんですね。
このセミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
品詞や文型について、これだけ丁寧に説明した英文法解説は
これまで見たことがありません。
そして、分かりやすいのです。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく記憶にも残りやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
そして、「受動態、分詞、関係詞、比較、倒置」
など、苦手とする分野もきちんとサポートされています。
第1、2号 品詞 第29、30号 分詞
第3、4号 文型 第31~34号 第5文型
第5、6号 副詞 第35、36号 動名詞
第7~10号 前置詞 第37、38号 準動詞の注意点
第11~18号 接続詞 第39、40号 形容詞
第19、20号 受動態 第41~46号 疑問文・疑問節
第21、22号 倒置 第46~50号 関係節
第23~28号 不定詞 第51~56号 比較
(全300ページを越えるボリューム)
しかし、私が最も良いと思う点は、この英文法の解説が、
一貫して、「品詞と単語の並び」を重要視、解説しているところです。
このような説明のしかたは、今までの英文法書では見た事がありません。
そして、このおかげで、英文法が初心者の方でも
「難解な関係詞」さえ、非常に理解しやすくなっているわけですね。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【サブ発行者:監修の 鈴木 拓 より】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
松永さん、ご紹介ありがとうございます!
 
 皆さんの英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
 まずは松永さんにご紹介いただいたサイトだけでもご覧になってください。
また、1番人気の講座、
「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< 英語学習プロジェクト >
は、本物の英語を、効率良く学ぶのに最適です。ぜひご覧下さい。
 何卒よろしくお願いいたします。(鈴木 拓)
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP