英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

「ピエロも参加する結婚パレードをやりたい」時の英語表現

【「ピエロも参加する結婚パレードをやりたい」時の英語表現 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ドラマの英語です。
結婚パーティの話は、女性の友達との間で、ドンドン膨らみます。
でも、男性の母親は、そんな女性と息子の結婚をまだ嫌っています。
(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です)
(翌朝、彼女のアパートです)
友達: そんで、でっかいパーティにすんの?
(今回はここからです)
女性: ヨーロッパでやってるように、
通りを結婚パレード出来るかもしれないね。
友達: かっこいいぜ。
ピエロのような衣装を着て竹馬に乗って歩き回る奴を知ってるよ。
女性: ほんと?その人、やってくれるかなぁ?
友達: わかんねぇなぁ。人が見てるときは、彼、好きじゃないしね。
(男性は、まだ母親と電話で話しています)
男性: ちがう、違うって、お母さん。
ただのちっさなパーティで、とってもカジュアルなんだよ。
母親: Gregory、私がこの出来損ないの結婚を祝う日は、
ヤギでKマートに行く日よ。
おぉっと!まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、ちゃんと自分で「英語」で言ってからですよ。
(あなたの、表現が一番です!自信をもって話しましょうね)
英文を考えましたか?、英語で言ってみましたか?
(すぐに言えました?、ちょっと考えてしまいましたか?)
ハーイ、それでは、ど~ぞ~
【英文+解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違ってても気にすることは全くありませんよ。
(翌朝、彼女のアパートです)
友達: So are you gonna have a big party?
(今回はここからです)
女性: We could have a wedding parade
through the streets like they do in Europe.
We could have a wedding parade
以前にもご紹介しましたが、「 would, could、might 」を使うことで、
「事実」ではないことを表せますね。
時間的な「現実」⇔「過去」の距離感だけでなく、
「現実」⇔「仮定」という距離感もありますね。
We could have a party :パーティ出来たりして
We could have a band :バンド呼んだりして
we could have a couple of cakes : ケーキも用意したりして
We could invite our parents :両親も呼んじゃったりして
they could meet each other :お互いが会ったりして
Wouldn’t that be great :それってすごくない
like they do in Europe
like は、動詞では「好き」ですが、
形容詞、前置詞(副詞)、接続詞で、
「 ~ような、似ている 」という感じで、とてもよく使われますね。
Like father, like son. この親にしてこの子あり
He is just like his father. 父親そっくりだ
He can do it like his father does. 父親がするように出来る
ここでは、
We have a parade パレードする
like they do in Europe ヨーロッパで(パレード)するような
ですね。
品詞と単語の置く位置を理解することが、英語を理解する最も基本ですね。
こちらは、構文も含めて、分かりやすい説明なので、
あなたの英語がグンと伸びますね♪
英文法講座 → 英文法解説
友達: Cool. I know a guy who dresses up like a clown
and walks around on stilts.
a guy who dresses up like a clown
ここでも、like が使われてますね。
clown は、「サーカスなどの道化師」ですね。
ピエロ pierrot は、フランス語ですが、少し「道化師:clown」とは
意味が異なるようですので、、、
ネイティブと話しても通じないことが多いですね。
stilts
stilts は、「竹馬」ですね。
女性: Really? Think he’d do it?
友達: I don’t know.
He doesn’t like it when people look at him.
ピエロのような格好をして、高~い竹馬に乗って歩き回って、、、
でも、「人に見られるのは好きでない」なんて、
どういうことでしょうか?
(男性は、まだ母親と電話で話しています)
男性: No, no, Mother. It’s just a small party, very casual.
casual
会社、仕事着のスーツに対して、カジュアルウェア・ふだん着という時、
日本語でも、「カジュアル」を使いますね。
他にも、
無頓着な、何気ない、砕けた、略式の、平常どおりの
なんて感じがありますね。
英会話クラスでも、「単語」を説明するときに、
これは、casual (友達同士)な単語です。
これは、formal (堅苦しい)な単語です。
と、よく説明します。
日本人は、学校や、試験、そして、和英辞書で「formal」な単語を
たくさん覚えますが、、、
それを、カジュアルな会話でも使ってしまうので、
特に注意が必要ですね。
ぎこちなく聞こえたり、えらぶった言い方に聞こえたりしますね。
あなたも、「日本人、ネイティブ」どちらのレッスンもある
私たちの英会話クラスで、
カジュアル / フォーマルを理解した表現を一緒に練習しませんか?
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
母親: Gregory, the day that I celebrate this misbegotten marriage
is the day that I ride a goat to Kmart.
misbegotten
misbegotten は、形容詞で、「 できそこないの、無価値な 」
のような感じですね。
Kmart
Kmart は、アメリカにあるスーパーですね。
一時は、Wal-Mart や Target などのディスカウントスーパーとして
たくさんあったのですが、
2002年に、「 Chapter 11 bankruptcy protection 」
「 会社更生手続き 」を行います。
しかし、その後、立ち直り
2004年に、
Kmart announced its intention to purchase Sears, Roebuck and Company
その後、あの「シアーズ」と合併しました。
このように、ドラマでは会話に良く使われる表現や、感じが
状況と一緒に、よく分かりますね。
あなたも、ナチュラルな英語が話せるように、ぜひ、
ドラマの英語も、学習に取り入れてくださいね。
そして、「どんなシーンで決まり文句を使うか?」その解説は、
英会話レッスンで私たちに聞いてくださいね。
ボブとトシの英会話講座 ⇒ 東戸塚、保土ヶ谷で英会話スクール
横浜にお住まいなら、私たちと一緒に、実際に英語を話しましょう。
初心者には「日本語で解説」
少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン
無料体験レッスンもありますので、安心ですね。
講座の連絡先は、こちらになります。
メールアドレス: toiawase@chot.biz
【編集後記】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ある程度、分かりやすい、少し詳しい英文を話そうとすると、
「 説明を加える、表現方法 」が必要になりますね。
今回の例文でも、いろいろな説明の加え方がありましたね。
女性: We could have a wedding parade
through the streets like they do in Europe.
through the streets :
前置詞 + 名詞で「場所」を説明しています。
like they do in Europe :
like を接続詞で使って wedding parade の説明でしたね。
友達: He doesn’t like it when people look at him.
when people look at him :
when を接続詞で使って、「時間」を説明していますね。
友達: I know a guy who dresses up like a clown
and walks around on stilts.
a guy who dresses up :
who を関係詞で使って、「知ってる人」の説明ですね。
母親: the day that I celebrate this misbegotten marriage
is the day that I ride a goat to Kmart.
the day (that S V O ) is the day (that S V O )
that を関係詞で使って、「その日」を説明していますね。
どの単語が、どのような用法、使われ方をするか?
その単語を、どこに置くと、どの品詞、用法になるのか?
もし、あなたが、
英単語の日本語の意味を知っているだけでは、
好き勝手に単語を並べただけでは、
英文は作れない、話せないわけですね。
でも、
これらの、複雑そうに見える、数が多そうに見える用法も
英語の基本である、品詞と単語の並べ方を「順番」に学ぶことで、
とても、分かりやすく理解できるんですね♪
「基礎をしっかり固める」分かり易い解説で好評なのが、
英文法セミナー →< 英文法解説 >
です。
この英文法セミナーでは、
英語学習指導を行っている鈴木さんが
あなたに「英語学習のアドバイス」をしてくれますので、安心です。
鈴木さんは、中学で英語の通信簿が「2」だったのに、
英文法が分かり始めて、1年でTOEIC900点と、英語力がアップしました。
だから、「英文法」のどこが解かり難いか?
どこを理解すれば「英語」が伸びるか?
を身をもって体験しています。
このセミナーでは、品詞を、ジグソーパズルになぞらえて、説明しています。
ピース、ブロックという言葉をつかい、
単語の並びを分かりやすく説明しています。
絵を多用して、ビジュアル的に分かる工夫がたくさんあります。
まずは、最初に30ページ以上にわたって、
この「品詞、文型、単語の並び」を説明しています。
そして、その後、他の章の説明でも、
「品詞、文型、単語の並び」の視点から、解説してあります。
関係詞と疑問詞
不定詞、動名詞、分詞の特徴と使い方
形容詞・副詞と前置詞・接続詞の役割
バラバラに見える分野も、品詞の観点から見ると、
とても多くの共通項目があるので、理解しやすく覚えやすいのです。
さらに、
・ 自分で確認問題を解いて、解説を使って、理解を確実に出来る。
・ 分からない事は、直接、質問が出来る。
という内容です。
だから、英文法が確実に身に付くわけですね。
英会話初級者の方から、TOEIC高得点の方まで、広いレベルで
支持を得ているのは、まさに、
英文法の基礎 ⇒ 応用 へと分かりやすく展開する
英文法の解説だからなのですね。ぜひ、受講者の感想を参考にして下さい。
感想と受講内容 →< 英文法解説 >
私も、この英文法セミナーの手法を
英会話レッスンに取り入れるようになって、
どのレベルの生徒さんも、
「英語がとても分かりやすくなった♪」
と、とても好評です。
あなたが、英語学習がうまく進まなくて、お悩みでしたら、
全ての学習の基本である、英文法の理解をチェックして下さいね♪
【サブ発行者:監修の 鈴木 拓 より】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
松永さん、ご紹介ありがとうございます!
 
 皆さんの英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
 まずは松永さんにご紹介いただいたサイトだけでもご覧になってください。
また、3,500名以上の方に受講して頂いてます、1番人気の講座、
「1年でTOEIC 900! 正統派の英語学習プロジェクト」
→< 英語学習プロジェクト >
は、本物の英語を、効率良く学ぶのに最適です。ぜひご覧下さい。
 何卒よろしくお願いいたします。(鈴木 拓)
【このメルマガをどんどん友人、知人、同僚、家族に紹介してください!】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
このまま友人、知人、同僚、家族の方に転送してしまってもかまいません。
「↓から無料で読者登録できるよ」と教えてあげてください。
→< 無料英語学習メルマガの購読 >

海外ドラマや映画で英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマや映画で英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP