英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

ER 緊急救命室 VI ― シックス・シーズン セット 1

ER 緊急救命室 VI ― シックス・シーズン セット 1
アンソニー・エドワーズ
ER 緊急救命室 VI ― シックス・シーズン セット 1
定価: ¥ 5,229
販売価格:
人気ランキング: 25570位
おすすめ度:
発売日: 2003-03-07
発売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
発送可能時期: TVドラマシリーズ「ER緊急救命室」の第6シーズン(1999~2000年)。新たに5人のメンバーが加わったことで、これまで以上に巨大な群像劇となった本作では、さらに劇的なドラマが展開されていく。
再びERに戻った東洋人医学生ジン・メイ、ユーゴ内戦で家族を失った医師ルカなどが新スタッフとして登場するが、第1シーズンからのレギュラー、キャロルとジェニーの2人がERを去ってしまうのも本シーズンの大きなポイントだ。 また第14話「悲報」では、カーターとルーシーが患者に刺されるという大惨事が起きる。シリーズ史上最悪の悲劇ともいえるこのエピソードは社会派J・カプランが監督している。
ベントンの新たな恋、精神を病んで薬物依存症になるカーターなど見どころはほかにもつきない。乳ガンの手術で乳房を切除する患者(レベッカ・デモーネイ)、痴呆症を患ったかつての名医(アラン・アルダ)などゲストの存在感も大きく印象に残る。(井上新八)
名医も衰える。
この6シーズンは、ルーシーとカーターを襲った悲劇を見るために買った。
でも、そのお話はセット2にある。このセット1は正直なところ「ついで」に買ったといったところだ。セット2をみるまえにと思って、セット1を見始めてやっぱりのめり込んでしまった。

医者も年老いる。目は見えなくなり手は動かなくなる。最後には頭もつかえなくなる。若い医者に追い越され、悔しい思いをしなければならない。第一、最後にはそんな連中に看取ってもらわなければならないではないか! いつかそんな日がきっとくると思って働いてきた。そんな思いが、いきなり痴呆症に苦しむ名医とその名医に学んだ医師という関係を通して描かれていた。
私の頭の中に築かれた鑑別診断リストも検査手順も様々な手技もいずれすべて消え去るのだ。消え去っても医療は行われる。消え去ることでじゃまが減ると思う若手もいるかもしれない。
やはり後輩には私を乗り越えてもらわなければならない。そして私は先輩たちを乗り越えなければならない。そんな思いを抱かせる6シーズンの前半であった。

他にもたくさんのエピソードがある。でも、傍観者ではなく当事者になってしまう。個人的には自分の経験がフラッシュバックするような部分があり、精神的につかれてしまうエピソードがあった。
キャロルの出産やグリーンの家族の問題などがスパイスとしてちりばめられている。
かなり、セット2を見るのが怖くなってしまっている。どうしよう、、 かなり深刻なシーズンなので、覚悟して見てください。
TVドラマシリーズ第6シーズンですが、社会派監督はERを修羅場にしてくれました。こんなに深刻なドラマは来年も続けられるのかしらと不安になる位の暗さ・・・。心が元気な時に、それでも、覚悟してみてください。そこここに「優しさ」がちりばめられていて、どんなに悲惨な現実があっても、やっぱり生きてゆこうと思わせるのです。第8シーズンを見てしまった今でも、このシリーズはスゴイ!ここから見始めても宜しいですよ。違ったERが始まるかも。 各話、見どころがいっぱい!
 パッケージはコンパクトな簡易版。DVDには、1枚目に片面1-2話、2枚目に両面3-6話、3枚目に両面7-10話が収録されている。タイトルは順に、ウイーバーにはかなわない、最期の儀式、嫉妬に揺れて、父親たちの罪、真実そして結果、わが道、栄光よさらば、大いなる期待、ドクタールーシー、家族の問題。日本語吹き替えの声優はテレビと同じで、DISC1のデータベースには声優のデータも収録されている。
 シリーズ6のこのパッケージは、キャロルの臨月、ロマノの部長就任問題、ドクター・ルカの登場から話が始まる。第1話から見所が多く、シリーズ6になっても視聴者を飽きさせることはない。必ずしも前のシリーズを見ていなくでも大丈夫。
 なお、次のパッケージ『ER 緊急救命室 VI – シックス・シーズン セット 2 』もさらに感動的なのでぜひ続けて見てほしい。 ]]>

海外ドラマで英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマで英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP