英会話レッスン 福岡:糸島,今宿 |横浜:みなとみらい,東戸塚

West Wing: Complete Third Season (4pc) (Ws Sub)

West Wing: Complete Third Season (4pc) (Ws Sub) West Wing: Complete Third Season (4pc) (Ws Sub)
定価:
販売価格: ¥ 7,267
人気ランキング: 40878位
おすすめ度:
発売日: 2004-11-02
発売元:
発送可能時期: 通常24時間以内に発送 傑作ドラマも第3シーズンに突入。才能や技術にいささかの衰えも見られないのはさすがだ。ここに収録された全22話を第2シーズンの延長と見る向きもあるだろう。なるほど、新たな主要キャラクターが登場するわけではないし、アッと驚く新展開があるわけでもない。さらに、前2シーズンに引き続き、3度目のエミー賞最優秀ドラマ賞も獲得した(第4シーズンの時とは違って、受賞に異議を唱える者はいなかった)。だが今シーズンの幕開けを飾るのは、番外編的なエピソード「Isaac & Ishmael(日本未放映)」だ。これは、9.11事件の22日後に制作・撮影・放送された特別番組である。結果的にお説教臭い内容になってしまったものの、物語を中断してシーズン初回の賭けに出ることができたのは、才能ばかりでなく、ますます好調な熟練スタッフの手腕のたまものと言えそうだ。
バートレット大統領(マーティン・シーン)は、多発性硬化症であることを公表した後、大統領選への再出馬を決心した。このことによって、今シーズン前半はいっそう白熱化する。側近たちに召喚状が出され、些細なミスが予想以上に深刻な結果を生む。主席法律顧問オリバー・バビッシュ(オリバー・プラット)は、かねてより警告していた“最悪のシナリオ”のさらに先の展開をほのめかす。やがてファーストレディ(ストッカード・チャニング)にも火の粉が降りかかり、スキャンダルの元凶を作った“マクベス夫人”に仕立て上げられ…。チャニングの演技は完ぺきで、第15話「大統領夫人の決断(Dead Irish Writers)」におけるファーストレディの誕生パーティーを今シーズン最大級のハイライトに変ぼうさせた。次席補佐官ジョシュ・ライマン(ブラッドリー・ウィットフォード)、その秘書ドナ(ジャネル・モロニー)、報道官CJ(アリソン・ジャニー)、いずれにも印象的な物語が用意されている。しかし、今シーズン最高の助演を見せるのは、冷静で忠実な主席補佐官レオ・マクギャリーに扮するジョン・スペンサーだろう。厳しい真実を知らせ、大統領のために万全を期し、第9話「苦い過ち(Bartlet for America)」(これまた素晴らしい回想形式のエピソード)においてバートレットがトップの座に就くまでの道程を視聴者に教えてくれるのは、いつだってマクギャリーなのだ。チャニング、スペンサー、ジャニーの演技にはエミー賞が与えられたが、この番組の長所はキャスト全員に見せ場が用意されていることである。トビーが大統領の流儀に反対したり、サムが政府への信念を吐露したり、大統領が感謝祭に奇妙な行事を執り行ったりと、枚挙にいとまがない。ゲスト・スターたちの出演も印象的で、ロン・シルバー、ティム・マシソン、メアリー・ルイーズ・パーカー、マーク・ハーモンらがキャリア中最高クラスの演技を見せている。一流の脚本、息をもつかせぬテンポ。ついでに、政府について少しばかり学ぶこともできる。1本のテレビ・ドラマから、これ以上何を求めるべきだろう? (Doug Thomas, Amazon.com)
9.11以降
 NHKではオンエアされませんでしたが、1話目は「9.11」の影響を受け急遽作成された特別番組から始まります。
 
 「どうしてイスラム教徒は私たちを殺そうとするの?」という見学者の学生からの質問に、
 「イスラム教徒、という表現は危険だ。」とジョッシュが指摘し、イスラム教徒とイスラム過激派の違いを説明し、最後には「自分たちの人生を生きること」を子供たちに教え諭していきます。
 
 テロ直後で、準備に費やすことのできる時間が殆どないなかで作られたことを考えると、このドラマの製作者はじめスタッフ、キャストがいかにレベルが高いかがわかります。
 また、それだけ厳しい状況でも、特別番組を作ろうと思い立つほどにアメリカ人の受けた衝撃が大きかったこと、そしてこの、「The West Wing」という番組がアメリカ人にとってどういった位置付けであったかがうかがわれます。

 ともあれ、2話以降は昨シーズンから引き続いてのバートレット大統領の再選に向けての戦いが始まるのですが、序盤は誰しもが傷ついていたり、疲れていたり、失敗したりでとにかく皆がイライラしている感じで見ていると辛いのです。

 深く傷つき、苦しみながら決断をし、なんとか明日に向かって生きていこうとする姿に、時に感動し、時に考えさせられます。
 きっと、ここらへんが当時のアメリカ人の気分を反映しているのかな、と思ったりしました。

 こう書くと、どっぷり暗い物語を想像されるかもしれませんが、脚本家のユーモアセンスや俳優陣の巧みな演技で、それほど悲観的でもありません。
 
 会話の面白さ、ストーリーの巧みさ、そして超大物ゲストを含め俳優たちのすばらしい演技といい、近年最高のテレビドラマだということは間違いないと思います。 

  最高でした^^
このDVDの最初は9.11テロに対しての追悼コメントから始まりますが、前回のと比べて最初のところが重さが多少出ています。
それでありながらも、次への明るさがあふれ出るように演習がされていて3シーズンに対しては面白さと英語の勉強が出来ていいかったです。
ただ、最後のところでの悲しみは印象的でした。 ]]>

海外ドラマで英会話

英会話レッスンはお気軽にお問い合わせください。

英会話レッスンご案内

→ 英会話グループレッスン

「ボブとトシの英会話講座」は、東戸塚にて講座を行っております。いつでも受講可能です。

→ 英会話カフェ

居心地の良い空間で、リラックスして英語を話せます♪

最近の投稿

海外ドラマで英会話

オススメ(英語と人生を同時に学ぶ Life’s Greatest Lesson)

広告

PAGETOP