Perfect pitcher Buehrle making mark in Chicago
AP DETROIT

マーク・バーリー投手(ホワイトソックス)が完全試合を達成
ランディ・ジョンソン以来5年ぶり史上18人目の快挙

マーク・バーリーは2007年にもノーヒットノーラン達成しているが
今回は、オバマ大統領から祝福の電話を受けた。

マークバーリーはすでにノーヒット試合をしたことがあるんです。

Mark Buehrle already had a no-hitter on his resume
when the White Sox left-hander threw his perfect game
against Tampa Bay this week in Chicago.

だから、彼が完全試合を達成したことに
そんなに強烈な驚きはありませんでした。
どんなふうにそれを達成したかを除いては。
彼は、ランディジョンソンやノーランライアンのような
力で押すタイプではありません。
彼は、テンポ良く、ストライクをドンドン取っていき
無駄玉は投げない、そう、バーリースタイルとでも
呼びましょう。

So the surprise isn’t so much
that he retired all 27 batters he faced,
but in how he does it.
Buehrle doesn’t overpower batters
like Randy Johnson or Nolan Ryan,
but he has a style that works just fine.
Call it the Buehrle Way: Work fast.
Throw strikes. Change speeds.
The key is that he doesn’t waste a lot of pitches.

玉数は116球、試合時間は2時間と3分。
バーリーはマウンドにたった32分しかいませんでした。

He threw 116 of them on Thursday in a game
that lasted 2 hours, 3 minutes.
Buehrle was on the mound for only 32 minutes.

打者が打席に立つときは、もうヒットを打つ準備を
してなければいけない。
なぜなら、彼はさっさとストライクを取りに来るから
考えてる暇なんて全く無いんだから。

“When you face him,
you have to be ready to hit
because he’s gonna throw strikes,”
said White Sox slugger Jim Thome.
“He’s gonna work quick.
There’s not a whole lot of time to think.”

続く

『英会話レッスン』のご案内です♪

福岡 糸島 姪浜 ビーチサイド、心地良い空間で、リラックスして英語を話せますよ♪

→ 英会話カフェでレッスン