【薬を多目にもらっておきたいのですけど】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

健康、病院関連の英会話をご紹介いたします。

長期海外出張のために、
薬を多目にもらっておきたいのですけど。

(日本語を読むとき英語を想像してみましょう。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: 来週、ヨーロッパに出張に行かなきゃいけないんですが。

(ヨーロッパに出張に行く go to Europe for a business trip)

B: 30日分までの処方箋を書けますよ。

(30日分までの処方箋 a prescription for up to a 30-day supply)

A: 1回飲み忘れたらどうなりますか?

(1回飲み忘れ miss a dose)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

自分だったらどんな英語?と想像しましたか?
英文が違っても全く気にすることはありませんよ。

英文だけで意味を取ってみましょう。

A: I have to go to Europe for a business trip next week.

B: I can write you a prescription for up to a 30-day supply.

prescription

prescription は 「処方箋」ですね。

pre :「前」、 script :「書く」、 tion:「名詞形」

ですね。

長い単語、複雑そうな単語は、このように
「ある複数の意味の組み合わせ」の場合が多いですね。

それぞれのパーツから、意味が推測できるところは、
ちょうど「漢字のへんとつくり」に似ていますね。

up to

up to は、最大、最長など限度を表すのに便利な表現ですね。

up to two hours to do …
最長2時間まで

up to 100 units per acre
最大100ユニットまで

ちょうど、up(上の)to(ここまで)というイメージが
覚えやすいですね。

I’m up to my neck in work.
首のところまで仕事に埋ってる ⇒ 仕事にはまり込んでる

supply

supply は、カンタンに言うと、

to give or provide

与えられるもの、ことですね。

The town is supplied with water from a reservoir.
貯水池から町に水が供給されている

Extra paper will be supplied by the teacher.
先生から追加の紙をもらえます

日本語では「供給」という感じであらわされますね。

A: What if I miss a dose?

What will happen if 〜

if もし 〜 なら、何が起きますか?という文ですが、

よく見る文は、この、will happen(would happen)を省略した、

What if 〜?

ですね。

What if there’s lightning?
雷があったらどうなるの?

what-if を設問-回答集として用意することもありますね。

what-if analysis : what-if分析

miss a dose

miss は、

「するはずだったことを、し損なってしまう」

そんな感じの動詞になりますね。

miss my breakfast 朝食を食べそこなう

I missed the train.
電車に乗れなかった、乗り損ねた

I missed watching the show
見損ねた

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson