【「彼はレントゲンで病院に行かないといけなかった」時の英語表現】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

健康、病院関連の英会話をご紹介いたします。

健康診断はやっぱりだいじですよね。面倒ですけど行きますー♪

(日本語を読むときも、英語を想像しながら読むと効果的です。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: 医師は、ここ(オフィス)でテストを行えますか?
それとも、(私は)病院か検査室に行かないといけませんか?

(テストを行えます perform the test)

A: いつ、どのような形で(検査)結果を受け取るのでしょうか?

(いつ、どのような形で When and how will I receive)

A: 彼はレントゲンで病院に行かないといけなかった。

(レントゲンで病院に行く go to the hospital for an X-ray)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾‾

日本語を読むときに、「自分だったらどんな英語を話すかな?」と
想像しましたか?英文が違っていても、全く気にすることはありませんよ。

英文だけで意味を取ってみましょう。

A: Can the doctor perform the test in the office
or will I have to go to the hospital or the laboratory?

perform the test

「する、行う」という動詞には、 ”do ” がありますが、
perform ですと、ちょっとあらたまって言う感じがしますね。

この、「行う」という表現は、いろいろありますね。

perform:「完全に成し遂げる」という感じがありますね。

The captain performed the ceremony

execute:目的を果たす、効果を起こすように行いますね。

The time has come. Execute Order 66
From Star Wars Episode III

accomplish:才能や努力の上で成功させる感じがありますね。

They have finally accomplished their goal

achieve:accomplish に似ていますね。大きなことにも良いですね。

They have finally achieved their goal

in the office、the hospital or the laboratory

ここでは、office は、町の診療所

hospital は、例えば「市民病院」のような規模、

laboratory 健康診断などの専門施設や検診センターなどを
イメージしてみましょう。

A: When and how will I receive the results?

results

以前、cause と effect がありましたね。

cause and effect : 因果・原因と(その)結果

「 cause が原因 」、それが影響したものが「 結果 effect 」ですね。

病気と、その原因などの関係が分かりやすいですね。

そして、この例文のように result は、単に検査の結果になりますので
同じ日本語の「結果」でも、意味の違いがわかりますね。

A: He had to go to the hospital for an X-ray

X-ray

X-ray は、レントゲンですね。

roentgen ← これがレントゲン

X-ray – a radiogram made by exposing photographic film to X rays;
used in medical diagnosis

身体のいろいろな部位のレントゲンに
…gram という名前が付いているようです。

この名前はポピュラーですね。

mammogram – X-ray film of the soft tissue of the breast

動詞でも使われます。

They took my pulse, took my blood pressure, and X-rayed my jaw.
脈をとって、血圧を測って、あごのレントゲンを撮りました。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson