赤ちゃんの具合が悪くてやってきました。

B: She throws up everything I give her.
I think she has a fever.

B: あげるもの全部、吐いちゃうんです。
彼女、熱があるみたいで

throws up

throw は、「投げる」ですね。

He threw the ball to her. ボールを投げた

投げるから、「持っているものを手放す」という感じで
たくさん表現がありますね。

throw away
throw out

I threw out the garbage.
ゴミを捨てた

throw up

To vomit 吐く

他にもあります。

throw over、 throw in

A: Did you give her anything unusual?
When did that start?

A: 彼女に何か普段と違ったものを与えましたか?
いつから始まったんですか?

B: Yesterday afternoon.
She cried all night.

B: 昨日の午後からです。
一晩中泣いていました。

unusual

usual が、「通常の、いつもの」という感じですから、
その否定ですので、

「普通でない、異常な、珍しい」

そんな意味ですね。

お昼がいつも「そば」なら、カレーでも、unusual にもなりますけど。

「普通」でなければ、良い意味でも、悪い意味でも使えますね。

似たような言葉に、

uncommon 珍しい、非凡な

割と、悪い意味で、

abnormal 異常な

割と、良い意味で、

extraordinary 非常に
remarkable 注目すべき、珍しい

などありますね。

A: We’ll run some tests on her and try to figure out
what’s bothering her.

A: いくつかのテストをしてみて、何が彼女を困らせているか
突き止めてみましょう

figure out

figure out は、会話でよく使われますね。

To find a solution for
To discover or decide

I can figure it out.
(その問題を)僕には解決できる

I can’t figure him out.
あいつがどんなやつかよくわからない

bothering

bother は、「じゃまする、困らせる」みたいな時に使われますね。

Danny, was your knee bothering you?
Danny、膝が問題かい?

他にも、相手を悩ませるような言葉は、annoy や irritate
という言葉がありますが、

こちらは、相手を「いらいらさせる」感じのときにも聞きますね。

bother は、お願いがあるとき、丁寧に申し出るときにも使えますね。

I’m sorry to bother you, but would you do me a favor?
ご迷惑をおかけしてすみませんが、お願いがあるんですけど。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson