【 輸出入についてもっと調べたいんですが 】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

仕事に関する英会話をご紹介いたします。

輸出入が出来る商品などについて尋ねてみます。

(日本語を読むとき英語を想像してみましょう。
日本語文と英語文は同じではありません。)

A: オーストラリアからの輸出入についてもっと調べたいんですが。

(もっと調べたい I’d like to find out more)

B: 私があなたなら、Mr. Martin のところに行って尋ねますよ。
彼はこの業界に7年いるんです。

(私があなたなら If I were you)

B: それについてはよく知りませんね。
でも、たくさんの書類作業をやらなきゃいけないですよ。

(よく知りません I don’t know much)

【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

自分だったらどんな英語?と想像しましたか?
英文が違っても全く気にすることはありませんよ。

( 英文だけで意味を取ってみましょう。)

A: I’d like to find out more about importing into and
exporting from Australia.

find out more about

find は、探す、見つける
find out は、探す、見つける → 出てくる

これに、about をつけた形でも、よく使いますね。

find out(more)about ~
~に関して、もっとよく探し出す、見つけ出す

日本語では、自然と、「調べる」という言葉になりますね。

B: If I were you, I’d go and ask Mr. Martin.
He’s been in this business for 7 years.

If I were you,

こちらも、会話でよく聞く表現ですね。

「私だったら、~するわ」という感じですね。
仮定法とか考えているより、丸ごと覚えて使っちゃいましょう♪

少し似ているかもしれませんが、

in one’s shoes : その人の立場で(ならば)

という表現がありますね。

If I were in your shoes : あなたの立場なら

2005年のキャメロン・ディアスの映画に

In Her Shoes

がありましたね。

go and ask

go and(do)も、会話でとてもよく使う表現ですね。

go and get, look, see, take,,,

「(行って)○○してこい、○○してきて、○○したら」
という感じの時に、よく使われますね。

B: I don’t know much about it.
But you have to go through a lot of paper work.

go through

go も、through も、様々な意味がありますが、
その意味のどれもが、基本のイメージ、ニュアンスから来ていますね。

go through the figures
十分に調査、検討する

go through tremendous pain
(苦難など〉に耐える、を経験する

go through the degree ceremony without getting too nervous
儀式などに参加する、行なう

go through the details again
試し、練習を行なう

go through our supplies in a day
使い果たす、使いつぶす

the amendment went through
承認される、完了する、うまくいく

「 大変なことを過ぎる、通り抜ける 」感じをつかんでくださいね。

(洋書で英語)モリー先生との火曜日 Tuesdays with Morrie: An Old Man, a Young Man and Life's Greatest Lesson